I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.

Dirima / Shutterstock.com

人生が偶然に進んでしまったように感じることはあるだろうか? 一つの仕事が次へと続き、5年、10年、20年後、特に満足感も得られないキャリアを積んでいる。もしかしたら、自分が何をしたいのか、どのようにそれを達成するかをきちんと考える時間を取らず、偶然によって今の仕事に就いていると感じるかもしれない。こうしてあなたは、自分が行き詰まったと感じている。

これは、キャリア理論家が「キャリアの妥協」と呼ぶものの結果として起きる場合がある。米心理学者のリンダ・ゴットフレッドソンの制限・妥協のキャリア理論は、人がさまざまな理由から自分で妥協と考えるキャリアを歩むことがあると示唆している。

人が自分のキャリアをこのように認識する背景には、ジェンダーや育ち方、社会経済的地位、学業成績、他者が設定した期待値、自分の目標や成功を収める必要性などの要素が複雑に組み合わさっている。自分が間違ったキャリアを選んでしまったと思う場合、変化を起こすのに遅過ぎるということはない。ここでは、その状態から抜け出すための4つのステップを紹介する。

1. 自己開発に投資する

最初にすべき最も重要なことは、一歩引き、自分がどのような人間か、なぜ行き詰まったように感じているのかを理解することだ。邪魔が入らない静かな時間を見つけ、次のような効果的な問いを自問しよう。

・自分が得意なものは?
・人から褒められることは?
・かつては楽しんでいたが、長年の間にしなくなってしまった活動は?
・今のキャリアについて好きなことは?(必ず何かあるはずだ)
・何時間も集中して取り組み、時間を忘れることができる活動は?
・あまりに「非実用的」「非現実的」だと感じ、早いうちに諦めてしまったキャリアは?

2. 心を開く

多くの人は、自分がしたいことよりもすべきことを基準に選択をしたために、満足できないキャリアを選んでいる。自分に合わないキャリアから抜け出せないと感じている場合、心ではなく主に頭で考えて動いているはずだ。満足感を得るためには、考える基盤を頭から心に移すことが重要だ。心で考えることで、新たな機会や物事の見方にも受容的になる。

社会の期待は忘れること。成功したり充実感を得たりするためには、医師や弁護士になる必要も高い学歴を持つ必要もない。私たちは多くの場合、自分が認められたと感じられるよう、人を感心させるキャリアを選んでしまう。そうして私たちは、自分が本当に幸せになれるものを見失い、結果的には昇進の階段を登るごとにより不幸になり、不満を感じるようになる。

現代の世界にはさまざまな選択肢があり、自分のルールに基づいて自分で人生を設計することがこれまで以上に可能になっている。心を開き、可能性を探ること。自分に資格があるものではなく本当にやりたいことを考え、そこから計画を練ろう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい