Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

conrado / shutterstock.com

キャリアの行き詰まりは、誰にでもいつか起こるものだ。最高に楽しい仕事であっても、しばらくすると単調に感じ始めることがある。同じ仕事を長期間続けていると、いずれは行き詰まりを感じるだろう。

人は生まれつき学習と成長の機会を求めるもので、その機会が得られないと行き詰まりを感じる。だが、キャリアの行き詰まりから脱出するのは簡単で、必要なのはほんの少しの努力だ。

居心地の良い環境から脱する

最初のステップは、自分がここちよく感じる環境から抜け出すこと。ずっと同じことを続けていると、行き詰まり感が強まるだけだ。キャリアの行き詰まりを感じる理由は、ここちよい環境に留まっていることと大いに関係がある。これは本質的には悪いことではないが、変化を起こすためには自分自身で作り出したセーフティネットから脱する必要がある。

大きなステップだが、キャリアの行き詰まりを進むべき道へと変えていく上で、最大限の効果を得られるだろう。何かが起きるのを待っていてはいけない。自ら変化を起こそう。

目標設定と戦略立案

キャリアの行き詰まりから脱出するためには、達成すべき目標を設定し、そこへ至るまでの計画を立てる必要がある。ゴールを設定することにより、努力目標ができ、モチベーションを保つ助けとなる。目標を設定したら、達成に必要なことを特定する。すべきことと、その工程表、各ステップを明確化し、戦略を立てる。

計画には例えば、ネット上でのプレゼンス強化、履歴書の更新、ネットワーキングイベントへの参加などを含めよう。確実に前進し行き詰まり状態から脱するためには、全プロセスに自分で責任を持つことが必要だ。もしそれが難しければ、自分の進捗状況に注意してくれる協力者を見つけるとよい。

リスクを冒す

現状を変えるためのリスクを恐れてはいけない。リスクを冒すことで、自分自身に挑み、日々の単調さを打開できる。これは、居心地の良い環境から抜け出すことと、そして自分が立てた戦略とも関係する。

ここで重要な点は、それまで自分がはまっていた枠から出ること。行き詰まりを感じているものの、昇進を要求するにはまだ早いと感じている場合でも、とにかく昇進を頼んでみよう。希望する仕事には自分は条件を満たしていないと感じても、応募してしまおう。

試しても損はない。リスクを冒すことで、見返りが得られるかもしれないのだから。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい