I cover the business of music and entertainment.

マドンナと共演するラテン系シンガーのマルマ(Photo by Kevin Mazur/Getty Images for dcp)

ラテン系シンガーのマルマ(Maluma)の公式ユーチューブチャンネルの登録者数が2000万人を突破した。ユーチューブで登録者数が2000万人を超えたアーティストは現在、世界で25組以下となっている。

マルマは最近、マドンナとのデュエットで注目を集めたほか、女性ラッパーのベッキー・Gらとのコラボも話題となった。マルマの活躍ぶりは、音楽業界におけるラテン系アーティストの人気の高まりを示している。

今週のユーチューブのチャートでは、5月31日から伝記映画「ロケットマン」が全米公開されたエルトン・ジョンも急浮上した。

マルマがマドンナと共演したシングル「メデリン」の楽曲タイトルは、25歳の彼が生まれ育った町の名前に由来する。コロンビアのシンガーであるマルマは現在、ユーチューブのグローバルトップアーティストの14位に入り、5曲をグローバルトップソングスに送り込んでいる。

マルマはこれまで5枚のスペイン語で歌われるシングルをビルボードのシングルチャートに送り込んでいるが、ユーチューブでの注目度の高さは彼のグローバルでの人気の高まりを示している。

マルマがマドンナと共演した「メデリン」は、今週のビルボードのHot 100入りは逃したものの、高いパブリシティ効果を生むこととなった。音楽業界は2017年に、プエルトリコ出身のルイス・フォンシが大ヒットを飛ばして以来、彼に続くラテン系のスターを発掘しようとしている。

ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの楽曲「デスパシート」は2017年にアメリカで最もストリーミング回数が多かった楽曲になり、再生回数は13億2279万9000回を記録していた。

「デスパシート」のミュージックビデオは2017年にユーチューブで史上最多となる30億再生を記録し、現在は62億回を突破している。

今週のユーチューブチャートでは映画「ロケットマン」の公開によって、エルトン・ジョンも急浮上している。「ロケットマン」はクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」以来の注目のロック映画として期待を集めている。

米国で映画が公開された5月31日に、主題歌の「ロケットマン」のユーチューブの再生回数は1日あたり360万回に達した。映画「ロケットマン」の興行収入は6月5日時点で6720万ドル(約73億円)とされている。この映画の製作コストは4000万ドルと報じられていた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい