Close

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

ルイス・フォンシ(左)とダディー・ヤンキー(Photo by Sergi Alexander / Getty Images)

2017年に最もストリーミング再生されたのはジャスティン・ビーバーが参加したルイス・フォンシの「デスパシート」であったことが、米ニールセンミュージックの調査で明らかになった。この曲はビルボードの「Hot 100」で歴代最多タイの16週連続1位を記録しており、ジャスティン・ビーバーが参加したバージョンは13億2200万回以上もストリーミング再生された。

ニールセンがまとめたストリーミング回数のランキングでは、オンデマンドの楽曲再生回数と動画再生回数を合算しており、スポティファイやアップルミュージック、TidalなどのプラットフォームやYouTubeなどの動画再生サイトからデータを収集した。

「デスパシート」はストリーミング再生回数トップ10の中で再生回数が唯一、10億回を超えた曲だ。2位のエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」は10億回まであと約30万6000回に迫っていた。

トップ10のうち実に7曲がヒップホップで、それ以外のジャンルに属しているのは「デスパシート」と「シェイプ・オブ・ユー」、そしてブルーノ・マーズの「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」の3曲だけだった。

ニールセンは音声ストリーミングだけのランキングと動画ストリーミングのみのランキングも発表しているが、いずれも「デスパシート」がトップだ。音声のみのランキングで2位につけたのはケンドリック・ラマーの「ハンブル」、動画のみのランキングで2位に入ったのは「シェイプ・オブ・ユー」だった。

2017年にアメリカで最もストリーミング回数が多かった楽曲のトップ10は以下の通り。

1. ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー「デスパシート feat. ジャスティン・ビーバー」:13億2279万9000回
2. エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」:9億9969万4000回
3. リル・ウージー・ヴァート「XOツアー・ライフ」:9億3282万回
4. ポスト・マローン「Congratulations (ft. Quavo)」:9億1066万7000回
5. ケンドリック・ラマー「ハンブル」:8億8558万8000回
6. ミーゴス「バッド・アンド・ブージー」:8億5812万3000回
7. ブルーノ・マーズ「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」:8億3585万6000回
8. フューチャー「Mask Off」:7億7857万1000回
9. カーディ・B「ボーダック・イエロー」:7億2411万8000回
10. カイル「アイ・スパイ」:6億9356万4000回

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい