I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

fizkes / shutterstock.com

面接には不安がつきものだが、そうした不安は克服できないものではない。面接前に心を落ち着かせる最も簡単な方法のひとつは、できるだけ準備して臨むことだ。準備すれば面接中に起こることを予測でき、恐怖や不安を和らげられる。準備するほどに面接で自信を持てるようになる。準備方法は数えきれないほどあるが、ここでは特に効果的な方法をいくつか紹介しよう。

模擬面接をする

友人に模擬面接をしてもらい、面接での受け答えを練習しよう。面接の場に慣れると同時に、さまざまな答え方やテクニックを試すこともできる。不安が和らぐまで模擬面接を繰り返そう。色々な人に面接官を演じてもらい、さまざまなコミュニケーションの取り方に慣れておくこと。改善すべき点や良かった点についてフィードバックを求めよう。

話したいことをリスト化する

練習しすぎると回答がロボットのようになってしまい良くない。これを避けるためには、話したいことのリストを作ること。面接で伝えたい最も大切な情報は何かを考えてメモし、その説明に使える数字や例も書き留めておく。このリストを使えば、言うべきことを覚えておけるし、自然な形で受け答えでき、練習し過ぎという雰囲気を出すことは避けられる。

よく聞かれる質問への答えを考えておく

どんな面接でも聞かれる質問はいくつかある。そういった質問に簡単に答えられるよう、準備すること。例えばこんな質問だ。

・あなたの長所と短所は?
志望動機は?
・自己紹介をしてください。
・あなたのキャリアの目標は?
・前職を辞めた理由は?

面接官への質問リストを作る

どんな面接でも、最後に質問の機会が与えられる。会社や仕事についてよりよく知ることができる機会となるため、これを見過ごしてはならない。

緊張すると頭が真っ白になり、とっさに質問を考えられないかもしれない。そうならないように、事前に質問を考えておくこと。書き留めたメモを面接に持っていこう。そうすれば質問を求められた時、リストにさっと目を通して、特に聞くべき質問を選ぶことができる。

リラックステクニックを試す

最善の準備方法は時に、休息とリラックスであることもある。瞑想(めいそう)、運動、読書、音楽鑑賞、自然の中で過ごすなど、心を安らげてくれるものなら何でもいい。さまざまなリラックス方法を試して、一番合うものを見つけよう。少しの間、面接のことを頭からなくす。ストレスをできるだけ緩和することで、神経は驚くほど休まる。

面接中に多少緊張するのは悪いことではない。不安になったとしても、それに気を取られないこと。代わりに自分がしっかり準備してきたことを思い出し、最高の面接をする用意ができていることを心に留めよう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい