Close RECOMMEND

フリーライター

サンクトガーレンのフルーツビール「ウィンターフルーツタルトエール」

世界的にもブームとなり、市場が拡大している「クラフトビール」。小規模な醸造所が作る個性的なビールは地域の特性、素材などでさまざまな味を生み出し、現在国内の醸造所は300を越え、外国人オーナーの醸造所も増えている。

クラフトビールのフレーバーといえば、柑橘類やハーブ、サクラなど香りや味がハッキリしたものが多く見られる中、神奈川県厚木市のブルワリー「サンクトガーレン」ではイチジクを使ったお菓子に注目し、フルーツビール「ウィンターフルーツタルトエール」を今月発売した。

イチジクなど香りの弱い果物は、ビールに使い難いという課題があるなか、シナモンやジンジャーなど、イチジクのお菓子と一緒に使われる、香りの出やすい素材を組み合わせることで、独自の味わいを作り出した。

サンクトガーレンは、かながわブランドにも認定されている“あしがらちじく”を使用。価格は429円で、サンクトガーレンWebショップほかで販売する。2019年1月ごろまでの限定販売で、1万本程度の売上を見込んでいる。

このビールには雨風の影響等で傷ついた“はねだし品”のイチジク約110kgを活用。さらに、いちじくと相性の良いリンゴで爽やかな酸味をプラスしている。

カラメル麦芽を特徴的に使った琥珀色のビールには、ジンジャーとシナモンを効かせ、ジンジャーブレッドのようなスパイシー感を表現した。 甘くてスパイシー、いちじくの果実を並べて焼き上げたタルトのような味わいをイメージしたビールとなっている。

ターゲットは20〜40代の男女。BBQソースや角煮、照り焼きなどのようにこってり甘い味付けの肉料理やドライフルーツ、タルトなどの焼菓子、この季節にピッタリなシュトーレン、ジンジャークッキーなどとのマリアージュがおすすめだ。

「今後は、クラフトビールを飲んだことのない層への入口として、フレーバービールを定期的に商品化し、市場を喚起していきたい」と話すサンクトガーレン社。2019年1月にはバレンタインに向け、チョコレートフレーバーのビールも4種販売予定だ。

文=石澤理香子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい