Close

PICK UP

I write about media, emerging technology and social technologies.

       

clicksahead / shutterstock.com

サウジアラビアで6月24日、女性の自動車の運転が解禁された。「ブルームバーグ・エコノミクス」は女性の運転解禁により、2030年までに900億ドル(約9.9兆円)の経済効果がもたらされると分析した。

運転免許の申請を行なった女性の数は、最初の12時間だけで12万人に及んだという。この動きはライドシェア事業を行なう「ウーバー」にとっても非常に歓迎すべきことだ。

同社の広報担当は次のように話す。「サウジアラビアは当社にとってEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)地域で最大の市場の一つだ。配車サービスだけでなく『ウーバー・イーツ』も幅広い顧客から支持されている」

ウーバーの現地マーケティングマネージャ―のOhoud Al Arifiも、さっそく運転免許を申請した女性の一人だ。

「ついにこの日がやってきたと思い、ほんとに興奮した。6月24日の真夜中の12時きっかりに、私は助手席に父を乗せてドライブに出かけた。女性の運転解禁は男性たちにとっても大きなメリットになる。子供たちの学校の送り迎えを妻に任せることができる」

この動きはウーバーにとっても新たなビジネスチャンスになる。女性ドライバーの参入により、女性が運転する車に乗りたい女性の需要が掘り起こせる。サウジアラビアではこれまで、100万人以上の女性が毎日、職場への行き帰りのために運転手を雇用したり、タクシーを利用したりしていた。しかし、車内で男性と2人きりになるのを危険だと感じる女性も多かった。

ウーバーは女性の社会進出を支援するNPO「Al Nahda」と提携し、女性たちの運転免許取得を支援していくという。米国や他の先進諸国とは大きく異なる特性を持つサウジアラビア市場は、今後のウーバーの成長を支える大きなポテンシャルになりそうだ。

ウーバーの調査によると、サウジアラビアの女性の約3分の1が、配車サービスで賃金を得ることに関心を持っているという。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい