Close RECOMMEND

PICK UP

イノベーション・エコシステムの内側

Yコンが手がけたスタートアップ投資家スクールの様子

世界最高峰のスタートアップ養成所、シリコンバレーの「Yコンビネーター(Yコン)」は今年、投資家養成スクールを開始した。その講師陣には、ユニコーン企業を続々と生み出し続けているような著名エンジェル投資家が名を連ねている。

彼らがどのように投資するのかを理解することで、どんなスタートアップをつくっていけば投資を得られるのか、そしてユニコーン企業を生み出すことができるのか、そのポイントは掴めると思う。

3月、4日間にわたり開催されたこのスクールの受講生は、アーリーステージのスタートアップに投資するエンジェル投資のみ。前回紹介した、プレジデントのサム・アルトマン氏につづき、私が参加して深く印象に残った講師陣の話を紹介しよう。

投資判断のための5つのポイント

シリアルアントレプレナーであり、Yコンのパートナーの1人で、エンジェル投資家でもあるDalton Caldwell氏は、投資を決めるのに重要な5つのポイントを教えてくれた。

1. どれほど投資するか(自分のバジェット)
2. 投資先にどのくらい良いエンジニアがいるか
3. どれぐらいの市場規模か
4. すでにどのくらいのユーザーがいるか
5. どれほどの期間でどれくらいのリターンが期待できるか

2については、前出のアルトマン氏に個別に質問をした際に、「良いスタートアップを作るために一番大事なのは“素晴らしいチーム”だ。それでも、良いプロダクトができるかはわからない」と言っていたのに似ている。Yコンの投資家陣でも、良いプロダクトの作り方はわからない。つまり彼らは、プロダクトでなくチームに投資しているとも言い換えられる。

3の市場規模については、考えるタイプと考えないタイプ、投資家でも意見が分かれるらしい。例えばウーバーの場合、ローンチ前にはこれほどの拡大は想像できなかったように、予測は当てにならないことも多い。

では実際にスタートアップとミーティングでは、どんなことを話すべきか。Yコンでは、以下の4つをベーシッククエッションとしているという。

1. あなたの会社は何をしていますか?
2. あなたのチームには誰がいますか?
3. いま、会社はどのステージにありますか?
4. これまでにどれぐらいの資金調達していますか?

ちなみにミーティング場所は、お互いのアクセスがいい場所で行い、投資家は絶対に時間に遅れてはいけないとも教えてくれた。

文=森若幸次郎 / John Kojiro Moriwaka

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい