Close

PICK UP

I write about bringing life to work and bringing work to life.

Indypendenz / Shutterstock.com

以下は読者のダラグから寄せられた便りと、私からの回答だ。



先週、ショックなことがありました。転職エージェントとの電話で、希望年収は6万8000ドル(約740万円)だと伝えた時のことです。

この額は、私の職種の一般的な給与額の範囲でちょうど中間くらいになります。もしかしたら少し低めかもしれません。とにかく、これがヘッドハンターのジョンに私が提示した金額でした。

ジョンは即座に聞き返しました。「ご自分にそれほどの価値があると思うのですか?」

私は冷静さを保とうと努めました。私の経歴で6万8000ドルは高すぎると言わんばかりの質問ですが、実際そんなことはなく、私は嫌な気持ちになりました。

「私のような人が得ている給与額です。この求人はその範囲内ですか?」と聞くと、ジョンは「かもしれません。そうだとしても、給与としてはそれが最上限になると思います」と答えました。

幸運なことに、これまで私はあなたのコラムを読んできたので、適切に返答できました。「そうですか。もし6万8000ドルが最上限なら、自分には合わないかもしれません。入社時の給与額が既に最上限、という仕事はしたくありません。伸びしろがほしいので」。

ジョンはしばらく口をつぐみました。そんな返事をされるとは思っていなかったのでしょう。最終的にこう言いました。「クライアントにあなたの履歴書を見せてみます。追ってご連絡します」。

これは悪い兆候でしょうか? ジョンの口調は気に入りませんでしたし、本当に給与額の上限が6万8000ドルなら、その仕事に就きたいとは思いません。給与の伸びが期待できない仕事をなぜわざわざ選ぶ必要があるのでしょうか?



ダラグへ

ジョンが言う給与額の範囲は真実かもしれないし、ごまかしかもしれない。成熟し、倫理的で、プロフェッショナルなエージェントもいれば、未熟で、倫理観の無い、プロ意識が低いエージェントもいる。

ジョンにはそのクライアントに履歴書を渡してもらい、あなたは連絡を待てばいい。これはジョンにとって第1の試練だ。もし1週間以内に連絡がなければ、連絡リストから彼の電話番号を消去しよう。彼にそれ以上あなたの時間を割く必要はない。

プロ意識の低い無礼なエージェントに関わり続けることはない。あなたを企業に紹介するに値しない人間もいるのだ。

もしジョンから連絡がきて、クライアント企業があなたと面接したいということであれば、受けるとよい。もし1次面接がうまくいき、あなた自身にも良い話だと思えたなら、2次面接までの間に、ジョンではなく求人をかけているクライアント側の管理職に給与額について切り出してみてもいいだろう。

編集=遠藤宗生

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい