閉じる

PICK UP

I'm a 15-year veteran of the cannabis law reform movement, and I know where to look to spot the most interesting legalization developments.

Nick Starichenko / Shutterstock.com

「大麻を吸ってから運転するのは危険だ。4月20日に帰宅する際は自分で車を運転せず、当社のサービスを利用して頂きたい」──配車サービスの「リフト(Lyft)」が、“マリファナの日”として知られる4月20日をひかえ、特別ディスカウントサービスの提供を発表した。

リフトは声明で次のように述べた。「当社は大麻を愛好する人々にとって、求めやすい価格で信頼できるサービスを提供する企業でありたい。そのため、4月20日から最大4ドル20セントの割引が受けれられるサービスを提供する」

割引が適用されるのは大麻が合法化された米国の一部の都市で、デンバーやラスベガス、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ポートランドなどが対象となる。

4月20日が大麻の日となった背景には、1970年代に広まった大麻を意味する420(フォー・トゥエンティ)というスラングがある。これは、サンフランシスコの高校生らが毎日放課後の午後4時20分に、大麻を吸う目的で銅像の前に集合したのが発端とされている。

全米で大麻の合法化が進むなか、4月20日は大麻を愛好する人々の祝日として認知度を高めている。リフトのようなメジャーブランドが、これをマーケティングの機会として利用するのは自然な流れだ。

今回のディスカウント企画には、4月20日に公開されるコメディ映画「Super Troopers 2」の製作チームも関わっている。リフトのアプリに“LYFTTROOPERS”というコードを入力すると、地図上に映画のキャラクターが登場する仕掛けも実装されている。

割引キャンペーンの詳細は地域によって異なるが、デンバーでは「420DEN」というコードを入力すると割引が受けられる。また、キャンペーン期間は5月30日までとなっている。

編集=フォーブス ジャパン編集部

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい