Close RECOMMEND

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

ドレイク(Photo by Lagerhaus / WireImage)

これまでアップルミュージックやスポティファイなどで大ヒットを送り出してきたドレイクだが、最新EP「Scary Hours」からの新曲「ゴッズ・プラン」も各プラットフォームで再生回数の1位になっている。

スポティファイは1月22日、「ゴッズ・プラン」が米国でリリース後の24時間で430万再生を突破したと発表した。この楽曲は米国における1日の再生回数記録を塗り替えたことになる。これまでのトップは、数か月前にリリースされたテイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」だった。

また、アップルミュージックでも「ゴッズ・プラン」はリリース後1日で1400万回再生を達成した。スポティファイを大幅に上回る数値となったが、スポティファイでの再生回数が米国内のものであるのに対し、アップルミュージックのデータは世界での再生回数だ。

「ゴッズ・プラン」はビルボードが発表する「STREAMING SONGS」ランキングでも1位を獲得した。ビルボードは米国における各楽曲の1週間あたりのオンデマンドサービスでの再生回数を算出しており、「ゴッズ・プラン」は6800万回も再生されていた。この数値にはオンラインラジオでの再生回数は含まれていない。

さらに「ゴッズ・プラン」とともに「Scary Hours」に収録されている「ディプロマティック・イミュニティ」もチャートを急上昇中だ。2月6日時点で、この2曲は同時にビルボードのHot 100のトップ10に入っている。Hot 100の10位圏内に2曲を同時に送り込む偉業を2回も達成したアーティストは、彼が初めてだ。

ドレイクが前回、Hot 100に2曲を同時に送り込んだのは、2017年に「モア・ライフ」を発表した時だった。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい