閉じる

PICK UP

世界の富豪たちの富を築く過程、およびその活用に関する記事を中心に執筆

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO(Photo by Kevin Winter/Getty Images)

フォーブスがまとめるリアルタイム世界長者番付によると、米東部時間の27日午前、アマゾン・ドット・コムの創業者で最高経営者(CEO)のジェフ・ベゾスの保有資産が、初めて1000億ドルを突破した。

ベゾスの保有資産は同日午後1時時点で、24日から6億ドル以上増えた1002億ドル(約11兆1000億円)となっている。ベゾスはこれにより、保有資産が1000億ドルを超える世界唯一の富豪となった。

ベゾス以前に保有資産が1000億ドルを超えた最後の人物はビル・ゲイツで、マイクロソフト株が絶頂期にあった1999年4月のことだった。それから20年近くたった今、ゲイツの保有資産は894億ドル(約9兆9300億円)と、ベゾスに次ぐ世界2位につけている。この金額には、ゲイツが生涯を通じて自身の財団に投じてきた350億ドル(約3兆8900億円)余りの寄付金は含まれていない。

ベゾスが瞬く間に世界一の富豪、そして世界で唯一1000億ドルの資産を持つ人物の座に上り詰めた要因は、アマゾン株の上昇にある。同社株は年初から60%近く上昇し、ネット通販各社が感謝祭後のセールを実施する「サイバーマンデー」と呼ばれる27日には、過去最高の1213ドル41セントに達した。

ベゾスは今年7月、短時間ながらも世界一の富豪の座を初めてゲイツから奪取。そして10月27日には、アマゾン株の高騰によって資産を1日で100億ドル増やしたことで、再び保有資産額で世界1位となり、現在までその地位を保っている。

翻訳・編集=遠藤宗生

あなたにおすすめ

合わせて読みたい