Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I look at the impact of mobile technology and online media.

10 FACE / Shutterstock.com

発売10周年を迎えたばかりのiPhoneだが、次期「iPhone 8」がワイヤレス充電対応になることを裏付ける新たな情報が明らかになった。iOS 11のベータ版に新たなUIサウンドが発見され、これが他のワイヤレス充電で用いられる効果音に酷似しているというのだ。

現在のiPhoneがライトニングケーブルで接続された際の効果音ファイルは、「connect_power.caf」だが、今回発見されたのは、「engage_power.caf」というものだ。これまでも、インダクティブ充電(電磁誘導によりエネルギーの伝達を行う充電)に対応するためにiPhone 8の背面がガラス素材になるという情報や、金型にワイヤレス充電の回路用と思われるスペースが設けられている画像が流出していた。

さらに、アップルが国際規格のワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium)に加盟したことから、次期iPhoneがワイヤレス充電に対応すると噂されてきた。今回明らかになった効果音ファイルによって、その可能性がさらに高まったと言える。

iPhone 8は、充電方式だけでなく、デザインも大幅に刷新される予定だ。ほぼベゼルレスになるほか、物理ホームボタンが廃止されてバーチャルボタンが設置されたり、ディスプレイが有機ELとなって、縦横比がGalaxy S8と同じ18:9になると見られている。有機EL搭載になれば、従来よりも画面が明るくなり、省エネ性能も向上する。

ワイヤレス充電は、端末の薄型化・小型化という最近のスマートフォンのトレンドに対応した有効な充電技術だ。しかし、iPhoneがワイヤレス充電対応になる場合、アップルが独自規格を導入するのか、互換性の高い標準規格を採用するのかという点は大きな疑問となっている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい