Close

PICK UP

I write about the psychological aspects of business.

shutterstock.com

重要な面接の直前や壇上でのプレゼンテーションの前など、ここぞという場面に臨むとき、自己不信があると失敗につながりかねない。自信がなさそうに見えると相手にメッセージが伝わらなかったり、言っていることを真剣に受け止めてもらえなかったりする可能性がある。

緊張するような場面を前に少しの不安や自己不信を抱くのは普通のこと。しかし、拭い去ることのできないそうした思考や感情で、それまでの努力を台無しにするのはもったいない。そういった気持ちは健全に処理し、自分を100%信じているような印象を相手に与えたいものだ。そのための4つのアドバイスを紹介する。

1. 少しの不安は有益と考えよ

ちょっとした不安からパニックに陥ってはならない。「みんなに緊張しているのが分かってしまう」などと考えても、不安が増大するだけだ。

それに実際、少しの不安はパフォーマンスを向上させる。2010年に運動心理学の学術誌サイコロジー・オブ・スポーツ・アンド・エクササイズに発表されたある研究は「十分な自信があるアスリートよりも、少し自己不信のあるアスリートの方が良いパフォーマンスをする」との所見を報告している。

自分の不安を見抜かれるのではという心配に無駄なエネルギーを費やしたり、絶対に失敗すると考えて時間を無駄にしたりすることはない。それよりも、少しの自己不信はむしろいい緊張感を維持するのに役立つと考えよう。

2. 感情を冷静に管理せよ

“少し”ではなく“ひどい”緊張状態に陥ってしまうと、自分に自信があるように見せるのはかなり難しくなる。そんなときは、自分の気持ちに冷静に向き合い、適切に感情を統制できるようにしよう。

不安が増大し始めると、それがきっかけで体にも生理学的反応が現れる。心拍数や血圧が上昇し、手のひらに汗が滲んでくる。

心と体を落ち着かせるためには、呼吸に集中することだ。何度かゆっくりと深呼吸をすることで、体の生理的反応を和らげることができる。重要なのは、不安が増大しきった後ではなく、増大し始めた時に手を打つことだ。

編集=森 美歩

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい