Close

PICK UP

フォーブス ジャパン編集部のキュレーター兼編集者

       

「レジェンダリー・ピクチャーズ」トーマス・タル共同創業者兼CEO / 写真=イーサン・パインズ

今年の1月、米映画界が大きく揺れたーー。ヒット作を連発し、近年のハリウッドを牽引してきた映画制作会社「レジェンダリー・ピクチャーズ」が、中国の不動産大手「大連万達集団(ワンダ・グループ)」に買収されたのだ。

胡錦濤前国家主席の「ソフトパワー戦略」を受けて、中国各社がエンターテインメント事業へ積極的に出資するなか、これは想定されていたことではあった。

だが、ワンダの王健林会長が惹かれたのは、レジェンダリーの事業だけではない。決め手は、同社のトーマス・タルCEO(45)だった。

タルは、映画配給会社大手ワーナー・ブラザーズと組んで『ダークナイト』などの人気作をつくってきた。制作費を折半し、10%の配給手数料を支払ったうえで、利益を分け合うという画期的な仕組みを業界内で確立。リスクをとることで、同社は躍進したのである。

王会長も「完璧なパートナー」と、タルに期待する。売却後もCEOに留まるタルも本気だ。なにせ、中国語の勉強を始めているのだから。

トーマス・タル◎米映画制作会社「レジェンダリー・ピクチャーズ」共同創業者兼CEO。ハミルトン大学在学中に広告ビジネスを始め、卒業後に洗濯チェーンを起業。2000年にメディア界に移り、レジェンダリーを立ち上げた。映画配給会社ワーナー・ブラザーズと共同で『ダークナイト』や『インセプション』などの世界的なヒット作を連発している。

▼この記事は6月号(4月25日発売)に掲載されています。
Forbes JAPAN

文=井関庸介

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい