夫とダンスを踊るズザンネ・クラッテン(写真左)Alex Grimm / Getty Images

テスラ・モーターズの創業者でCEOのイーロン・マスクほど、ズザンネ・クラッテン(53)は有名ではないかもしれない。だが、マスクより多くの資産を保有していることは間違いない。フォーブスの2016年版世界長者番付によれば、クラッテンの資産額は約185億ドル(約2.1兆円)で、前年より17億ドル(1,930億円)増えた。これは、同氏が自動車業界一の大富豪であることを意味している。

電気自動車メーカーをゼロから立ち上げたマスクとは異なり、クラッテンは死去した父のヘルベルト・クヴァントと母のヨハンナからBMWの株式を受け継いだ。弟のシュテファン・クヴァントと合わせて、およそ半数のBMW株を保有している。そして、姉と同じく同社監査役の一人であるシュテファンは、156億ドル余りの資産を保有しているとされる。

さらに、クラッテンは自らの置かれた立場にあぐらをかいてきた訳ではない。経営学修士(MBA)を取得したエコノミストであると同時に、BMWと製薬会社アルタナの経営に積極的に参画している。

クラッテン以外に唯一、自動車業界の世界富豪ランキングに入った女性は、フォードモーターのマーサ・フォード。資産は約13億ドルだった。フォードはデトロイト・ライオンズのオーナーでもある。

マスクの資産は目減り

クラッテンのほかに、自動車業界でマスクより上のランキングに位置付けたのは、ゲオルグ・シェフラーだ。母親のマリア・エリザベス・シェフラー・スーマンと共に、シェフラー・グループ株式の89%、コンチネンタル株の46%を保有する。自動車部品の大手サプライヤーであるシェフラーは、より安全で自律的な、環境にやさしい車を作るためにメーカーが必要とする重要な技術のほぼすべてを供給している。ゲオルグと母親の保有資産はそれぞれ、181億ドル、45億ドルと見積もられている。

今回のランキングでは、マスクの保有資産は6か月前より139億ドル少ない107億ドルと推定された。減少の原因は、投資家らがより手頃な価格のモデルの大量生産開始の遅れを危惧し始めたことにある。ただし、ここ数週間は株価が回復基調にあり、資産も再び増加に転じている。

このほか番付に入った自動車業界関係者で、注目に値するのは、以下の3人だ。

シャヒド・カーン(資産額59億ドル)
自動車部品メーカー、フレックスNゲート(Flex-N-Gate)のオーナーであり、米プロフットボール(NFL)チーム、ジャクソンビル・ジャガーズのオーナー

ブルース・ハリー(同54億ドル)
ディスカウントタイヤ創業者

ジャック C. テイラー(同53億ドル)
エンタープライズ レンタカー(Enterprise Rent-A-Car)創業者

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO