Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

お金とスポーツに関する記事を執筆。

Alex Grimm / Getty Images

何年も前からその安全性について懸念の声が上がっていた人工芝の問題について、米政府がようやく重い腰を上げたようだ。米消費者製品安全委員会(CPSC)は2月12日、環境保護局(EPA)、疾病対策センター(CDC)と共同で、人工芝の充填剤の原料として使用されている古タイヤに含有される化学物質の危険性について、調査を開始すると発表した。

米国では2014年、NBCテレビが女子サッカー選手のがん発症と人工芝に使われるゴムチップの関連性について報じた。番組に登場したワシントン大学の女子サッカーチームの准ヘッドコーチ、エイミー・グリフィンによると、人工芝の上でプレーをしていた学生たちが「次々と」がんを発症。こうした学生ら38人のうち、34人がゴールキーパーだった。

また、この中にはワシントン州でプレーしていた選手も十数人いたが、全米各地でも同様に、がんを発症した学生たちが確認されている。大半はリンパ腫や白血病など、血液のがんを罹患したという。

また、米紙USAトゥデーは2015年3月、「全米各地の学校や子どもたちの遊び場、保育園で使われている人工芝から、健康に害を及ぼす危険性がある高濃度の鉛が検出された。それでも米連邦政府の2機関は、人工芝は安全だとして使用を推奨している」「充填剤としてゴムチップを使用している人工芝の利用が拡大していることに関連して、主に選手のけがや皮膚感染症、がんをはじめとする健康上の懸念が浮上している。人工芝を利用している競技場は全米に1万1,000か所以上あり、これらの人工芝をすべて撤去して入れ替えるには、100万ドル(約1億1,260万円)を超えるコストがかかる」などと伝えた。

さらにこの1年後にNBCは、「NBCニュースは人工芝の危険性について不安が高まっていることを繰り返し報じてきたが、連邦規制当局はこれについて、ほぼ沈黙を貫いている。EPA長官もカメラの前でのインタビューを拒否した」と報道した。これを受け、米下院エネルギー・商業委員会はEPAの担当部門に書簡を送付。2015年11月6日までにゴムチップを使用した人工芝を採用している競技場の安全性に関するさらなる情報の提出を求めた。しかし、EPAはこの要請にも応じていなかった。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE