Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Fighting Pseudoscience

Pop Paul-Catalin / shutterstock

サプリメント業界は大盛況だ。減量や記憶力強化、ガン予防など様々な効能が喧伝されている。ウェブや製品パッケージに書かれていることはほとんど嘘だが、サプリメントの販売会社は派手な宣伝を一向に止めない。

医薬品と違って、ほとんどのサプリメントは米食品医薬品局(FDA)が承認したものではない。FDAが動くのはサプリメント製品がなんらかの形で汚染されていたり、メーカーが規制を越えて病気の治療に効果があると謳った場合のみだ。

売れ筋のサプリメントの多くは、メーカー側が宣伝している効果に関して何の裏付けも示されていない。つまり摂取したからといって何もいいことはない。飲むべきでないサプリメントのトップ5を以下に示す。

1. イチョウ葉エキス
記憶力を高める、認知症やアルツハイマーを防ぐなどしきりに宣伝されているイチョウ葉。だが、残念ながらそんな効果はまったくないことが、最近行われた28の研究で判明した。

2. ガルシニア・カンボジア
魔法のようなダイエット効果を謳っている。肥満に効く成分を含んでいるといわれていたが、1998年にその効果を初めて否定した試験結果が公表され、これまでに行われた他の多くの試験結果もすべて否定的な結論を導き出している。「ゴリラのように食べても、お腹の脂肪はすぐ落ちる」という謳い文句は正しくない。

3. セイヨウオトギリソウ
花をつける植物で、一部でうつ病の治療に用いられている。身体ではなく心に効くという意味で、他のサプリメントとは少し違う。2002年にセイヨウオトギリソウのプラセボ対照試験(医学的に最も信頼できる試験方法だ)の報告が出版された。セイヨウオトギリソウはプラセボより効き目が劣ったとレポートにはあり、うつ病には効果がないと結論づけている。

だが、2008年には逆の結果が報告され、2011年にはまたそれがひっくり返るなど、セイヨウオトギリソウの効果については混沌とした状況が続いている。ただひとつはっきりしているのは、他の薬と併用すると危険だということだ。

4. グルコサミンとコンドロイチン
関節痛に効くと言われてきた。数多くの実験が行われ、そのいくつかではわずかな効果が認められている。関節痛、特に膝に関してはまだちゃんとした治療法が見つかっていない。米国立衛生研究所(NIH)が1250万ドルをかけて行ったGAITと呼ばれる臨床試験では、グルコサミンとコンドロイチン、セレコキシブ(非ステロイド性抗炎症薬のひとつ)の比較が、プラセボを加えた形で行われた。その結果によれば、セレコキシブだけに効果が認められた。

5. エキナセア
エキナセアはデイジーに似た花で風邪の治療薬として広く用いられている。スイスのサプリメントメーカーが、ネイティブ・アメリカンが昔から風邪を治すのに使っていたという話を流布したことで広く使われるようになった。

2003年に米国医師会雑誌(JAMA)に掲載されたプラセボ対照試験の結果によれば、2歳から11歳までの子供の風邪の治療にエキナセアは効果を示さず、被験者の一部に発疹が出た。2014年の報告では、エキナセアが風邪の治療に効いたことはないと結論づけている。

編集=速水由美

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい