Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Rawpixel.com / shutterstock

もしあなたが、「人が絶対的な信頼を寄せる」リーダーになりたければ、まず「人から好かれる」リーダーにならなければならない。一見素晴らしいビジョンを持った専制君主タイプのリーダーが、一時(いっとき)、気弱な人民を支配することもある。だが、それはけっして長続きしない。人々の真の能力を引き出す前に、彼らを疲弊させてしまうからだ。

少人数相手の講演で私が聴衆によく尋ねるのは、これまでに出会った中で最善のリーダーと、反対に最悪のリーダーは誰だったかということである。人々はとかく、リーダーの先天的な性格(頭のよさ、外向性、魅力など)を軽視し、反対に、リーダー自身がコントロールできる資質、例えば、親しみやすさ、謙虚さ、積極性といったことを重視しがちである。こうした特質は(ほかにもあるが)、リーダーが感情知能面で訓練されていることの重要性を物語っている。100万人以上の人々を対象とした調査結果に基づく「TalentSmart」のデータは、このような特質を持ったリーダーが単に“人に好かれる”だけでなく、同じ特質を持たないリーダーを大きく凌駕していることを示している。

「今以上に好かれるリーダーになる」ことは、完全に自分でコントロールすることができるし、それは、感情知能(EQ)の問題といってよい。生得的で固定された特質、例えば知能指数(IQ)などと違って、EQは、努力によって向上させることができる、柔軟なスキルなのだ。

では、EQの高い、言い換えれば好かれるリーダーになるにはどうすればいいのだろうか。彼らと普通の人との“10の違い”を紹介しよう。

1.彼らは個人的なつながりを積極的につくる
好かれるリーダーは、たとえ人が部屋の中にいっぱいの人がいても、1対1の会話をいつも重要視する。つまり、大群衆の中にいても、自分だけが大事にされていると人が感じるように仕向けるのだ。実際、その瞬間、その人は特別扱いされている。好かれるリーダーは、コミュニケーションを個人的・感情的なレベルで行い、自分の前に立っているのが“血も涙もある”生身の人間であることをけっして忘れない。

2.彼らは“取っ付きやすい”
あなたが何かをしても、あなたのためにほとんど時間を割こうとしない――そんな人があなたの周辺にもいるのではないだろうか。好かれるリーダーは、地位や能力に関係なく、どんな人にも、時間と注意を払う価値があると信ずる。誰にも価値があると彼らが信じる結果、人々もまた、自分は価値があると感じるようになる。

3.彼らは謙虚である
好かれるリーダーにいちばん無縁なのは傲慢さである。彼らは、「キミよりもオレの方が優れている」と人に感じさせるような振る舞いをけっしてしない。なぜなら、自分の方があなたより優れているなどと本心から考えていないからだ。彼らにとってリーダーという立場は、名声の源というよりもむしろ、自分に従(つ)いてきてくれる人々に対する追加的な責任なのである。必読リンク:The Little Black Book of Billionaire Secrets 

4.彼らは前向きである
好かれるリーダーはいつも積極的に見えることを大事にする。このことは彼らの振る舞いにも現れる。例えば彼らは、取締役を前にプレゼンテーションするのではなく、自分の考えや見通しをシェア(共有)することを重視する。彼らは、工場見学よりも自社製品を作っている人たちに会うことを好む。彼らはまた、ダイエットよりも健康な食生活がもたらす利益を大切にする。好かれるリーダーは、どんなに困難な状況においても未来に対する希望を失わないし、今日よりも明日はきっとよくなるという楽観に満ちている。

5.彼らはバランス感覚に優れている
好かれるリーダーは、自分自身の成功や失敗についても泰然としてうろたえることがない。成功してもそれを自慢しないし、反対に、失敗してもことさらに悩んだりしない。彼らは、のぼせ上がることなく成功を堪能する術(すべ)を知っており、また、失敗したときもくよくよせずに潔くそれを認める。成功と失敗の両方から学び、さらに前進することができる。

6.彼らは寛容である
知識であれ資源であれ、いつも何かを隠そうとする人がいるものである。そういう人たちは、仕事で必要なことをあなたに教えたりすれば、あなたがそれをもっとうまく活用するのではないかと恐れるのだ。その点好かれるリーダーは、自分の知っている人や知っていること、また自分が持っている資源を惜しみなく人に与える。彼らはまた、誰もがうまくやり遂げてくれることを願う。それは彼らが、そうすることがリーダーである自分の責任であり、また、仮に他人が成功してもそれによって自分の真価が揺るぐことはないという自信があるからだ。「あなたの成功は自分の成功」――そう考えるのが好かれるリーダーである。

7.彼らは誠実さを身をもって示す
好かれるリーダーは、信頼と称賛を言葉ではなく行動で喚起する。「誠実であることは自分にとってとても重要」と多くのリーダーがいうが、好かれるリーダーは、誠実さを日々の行動によって示す。仮に魅力にあふれたリーダーであっても、その魅力が誠実さによって裏づけられたものでなければ、好かれるリーダーにはなれないだろう。

8.彼らは、本を読むように人を読む
好かれるリーダーは、人心を読むことに長(た)けている。それは、言葉にならないコミュニケーションがときに言葉よりも重要ということを彼らが知っているからだ。彼らは、表情、身振り、声の調子などで人々が本当に考えていることを感じることができる。つまり彼らは、最重要なEQスキルである社会的知覚を身に着けているといってよい。

9.彼らは潜在力を評価する
声楽家のロバート・ブローはかつてこういった。「あなたの側にいる人があなたを好きになることはあっても、カリスマ性によって人々があなたを好きになることはない」。好かれるリーダーは、人の一番いい面を見ようとするだけでなく、誰もが人のいい面を見ることを促す。彼らはまた、人の才能を引き出すのがうまく、だから彼らにかかると誰もが“その気”になってしまう

10.彼らには“中身”がある
米国の作家であるダニエル・クインによれば、「カリスマ性によって人々の注意を引き付けたとしても、重要なのは、人々に伝えるべき何かである」ということになる。好かれるリーダーは誰も、自分に従う人々の成功にとって自分の知識や専門性が不可欠ということを理解している。だからこそ彼らは、自分自身の中身(その反対はありきたりの世間話)を伝えるために人々との不断の結び付きを心がける。好かれるリーダーはけっして自慢しないし、「オレは人とは違うんだ」などといわない。なぜなら、そうする必要がないからだ。彼らはいつも実体を持っており、しかもそれを惜しみなく人に分け与える。


 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい