Close

PICK UP

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆

weedezign / Shutterstock.com

キャリア支援サイトのCareerBlissは「従業員が幸せな小売業ランキング」を発表した。さまざまな企業で働く人々から寄せられた声をま とめたもので、調査項目にはワークライフバランス、経営方針、報酬、福利厚生、仕事内容、安全性、職場の雰囲気や環境などが含まれている。

1 位に輝いたのはスターバックスだ。シアトルに本拠地を置くこのコーヒー業界の巨人は、世界で2万3000以上の店舗を展開している。福利厚生が充実してい ることで知られており、なかでも大学で学ぶ意欲のある従業員に学費を全額支給することで話題となった。このプログラムをはじめ従業員にさまざまな成長の機 会を与え、前向きに仕事に取り組む雰囲気をつくりあげていることが評価されている。

スターバックスに続くのは、ホームセンターのエースハードウェア、イケア、アップル、書店チェーンのバーンズ・アンド・ノーブルだ。

「小 売業界で働く1万2000人以上の人々から寄せられた声を見ると、従業員をしっかりサポートしていくことが、企業にとっていかに重要かということがわかり ます。スターバックスの場合は、同社で働いたキャリアがその後の人生においても役立つという方向で、良い人材の獲得につながっています」と CareerBlissの創設者、Heidi Golledgeは語る。

10位までには、ホームセンターを展開するロウズ、家電量販店大手のベストバイ、ドラッグストアチェーンのウォルグリーン、ホームセンター大手のホーム・デポ、オフィス用品販売のオフィス・デポが入っている。

1位. スターバックス
2位. エースハードウェア
3位. イケア
4位. アップル・ストア
5位. バーンズ・アンド・ノーブル
6位. ロウズ
7位. ベストバイ
8位. ウォルグリーン
9位. ホーム・デポ
10位. オフィス・デポ

編集=速水由美

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい