• ガンズ再結成ツアー、売上560億円突破へ 年内に約30公演を予定

    Mark Beech , CONTRIBUTOR

    2016年4月に再結成ツアーを始動したガンズ・アンド・ローゼズのツアー収入は、年内に5億ドル(約560億円)を突破する見通しだ。その一方、彼らが1991年にリリースした楽曲「November Rain」のユーチューブでの再生回数が10億回を突破した。「November Rain」は1990年代の音楽 ...

  • プライムデーで米国市場狙う、中国ロボット掃除機Ecovacsの野望

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    中国のロボット掃除機メーカー「Ecovacs Robotics」は5月28日、上海株式市場に上場し、約1億2100万ドル(約136億円)を調達。創業者のQian Dongqiはビリオネアの仲間入りを果たした。Ecovacsの国際部門プレジデントのDavid Qianは「調達資金により製造工程の効率化 ...

  • 使用済みコーヒーカプセルが高級ペンに ネスレの粋なリサイクル

    Nancy Olson , CONTRIBUTOR

    私にとって、リサイクルはとても重要だ。使い捨てのペンよりも、良質なペンを好む理由の一つもそれにある。なので、スイスの筆記具・画材大手カランダッシュが、同じくスイスに本社を置くネスレのコーヒーメーカーブランド「ネスプレッソ」とコラボレーションした新製品を見て、私はとても興奮した。この限定版ボールペン「 ...

  • シリコンバレーを猛追 清華大学が仕掛ける取り組みとは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    知的所有権が守られない海賊版大国、思想の自由がない独裁国家。今も中国をそう見ている人は少なくない。しかし、今ではシリコンバレーを猛追するエコシステムが整いつつある。理系の最高峰にその秘密を見た。中国企業は情熱をもってイノベーションに取り組んでいます。日本は...残念ながらオープンさが足りず、中国や世 ...

  • デキる組織の人事は、「設計」よりも「運用」がうまい

    堀尾 司 , Official Columnist

    コップに水が半分入っているとき際に、「半分も入っている」と言うか「半分しか入っていない」と言うか。事実は「半分入っている」だけなのに、言い方によって聞く側の印象は変わる。人事評価面談の際に、似たようなことが起きていないだろうか。本人は「これだけやりましたよ」と主張するものの、マネジャーは「これだけし ...

  • 日本は25.7% 先進国における男女の賃金格差

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ようやく女性差別に光が当たり、声を上げる勇気ある人々が出てきた。だが、解決への道のりが遠い課題が一つある。──賃金格差だ。今回はOECD(経済協力開発機構)の調査による「フルタイムで働く労働者の平均賃金の男女差」についてご紹介しよう。最も差があったのは韓国。2016年の段階では男女で36.7%の違い ...

  • 農村を疲弊から救え 大分県の「小さな巨人」利他の思考

    畠山 理仁 ,

    Forbes JAPANが主催した「スモール・ジャイアンツ」大賞、「CUTTING EDGE」部門(最先端技術)で高得点の評価を得たエネフォレスト。日本で唯一世界基準をクリアした空気清浄機「エアロシールド」を世に送り出した「小さな大企業」だが、地元を活性化するためのもうひとつの事業も進めている。 本 ...

  • バイロンベイの農場が提案する、これからの体験型コンテンツ

    国府田 淳 , OFFICIAL COLUMNIST

    オーストラリア最東端の街、バイロンベイ。もともとヒッピーの街として栄えていたこの地は、大手のファストフード店が進出していない、オーガニックタウンとして知られています。実際、健康や環境問題に関心の高い住民やビジターが多く、街のオーガニックレストランやフレッシュジュース店は大にぎわい。朝のビーチでも20 ...

  • ビヨンセとジェイ・Z、夫婦の資産額が1400億円を突破

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    ビヨンセとジェイ・Z夫妻の資産額は現在、12億5500万ドル(約1400億円)と試算されている──。フォーブスが7月11日に発表した「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ランキングで、ビヨンセの資産額は3億5550万ドルと算定 ...

  • 人はなぜ移動するのか? ユーザー目線で考える交通の未来

    本荘 修二 , Official Columnist

    電気自動車、自動運転、ライドシェアと、現在も進行する「交通革命」の話題が盛んにメディアでも取り上げられていますが、どちらかというと技術面であるとか、供給サイドの考え方ばかりがクローズアップされている印象です。もっとユーザー目線に立った、楽しい移動手段としてクルマの未来を語る議論は、あまり見かけること ...

  • ネットフリックスが密かに狙う出版ビジネスの覇権

    Adam Rowe , Contributor

    ネットフリックスが出版ビジネスへの参入を進めている。同社は6月、人気オリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス」のライセンス契約をランダムハウスとダークホースコミックスの出版2社と締結した。前者からはヤングアダルト向けの一般書籍、後者からはコミックを出版するという。自社コンテンツのフランチャイズ化を ...

  • 早期退職が米男性の寿命を縮める? 62歳の死亡率が高い理由

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    米国では、65歳になる前に引退することを夢見ている人が多い。実現できる人はほとんどいないが、それでも多くの人がそうすることを願っている。ただ、早く引退することは早期死亡につながるとの指摘もある。そうなのだろうか?米コーネル大学とオーストラリアのメルボルン大学が共同で行った研究結果は、その可能性を示唆 ...

  • 有望なICOをリスト化する、サンフランシスコ女性起業家の挑戦

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    サンフランシスコのブロックチェーン企業「Dirt Protocol」が300万ドルの資金調達を行なった。出資元は26に及び、有名ベンチャーキャピタルの「Greylock」や「General Catalyst」、さらに仮想通貨関連では「Digital Currency Group」らも出資した。Dir ...

  • 交通の未来は「バイクタクシー」にある、アフリカでの事例

    Rebecca Heilweil ,

    アメリカ人の多数にとって、バイクは趣味の乗り物である。しかし、世界に目を向けると、バイクが人々の最も身近な移動手段になっている地域は多い。四輪車に比べて安価で小回りがきき、渋滞に強く、排気量も少ないといったメリットもあり、アジアやアフリカの多くの国々では、バイクの普及率は車のそれよりもはるかに高いの ...

  • 世界「急成長企業」ランキング、上位5社を中国企業が独占

    Kristin Stoller , Forbes Staff

    中国企業はここ数年、米国企業を上回る成長スピードを達成しようとしてきたが、なかなか難しかったのも現実だ。しかし、今年1月に転機が訪れた。米トランプ政権は中国の半導体企業「NAURA(北方華創)」が、米国のソーラー機器メーカー「Akrion System」を買収することを承認した。さらに6月には中国の ...

  • アマゾン・プライムデー、今年の特徴は「アリババ化」?

    Deborah Weinswig , CONTRIBUTOR

    米ネット通販大手アマゾン・ドットコムはこれまで、年に一度開催する「プライムデー」に多額の売上高を記録してきた。だが、これまでのプライムデーが宣伝されたほど買い物客の期待に応えるものだったかというと、そうとは言えない。値引きされる商品の幅に対する買い物客の不満を解消することができておらず、そのためプラ ...

  • 地球上で最も寒い気温「マイナス98度」 南極で記録

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    北半球では夏の暑さが本格化する中、南極では地球とは思えないほどの寒さのマイナス97.8℃という史上最低気温をマークした。これは人間が数回呼吸しただけで肺から出血して即死するほどの気温だ。気温は南極で太陽が昇らない時期に衛星から測定された。学術誌「Geophysical Research Letter ...

  • カナダでプラ製ストロー廃止が加速 全面禁止なるか

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    冷たい飲み物を口へと運ぶストローが、カナダのレストランでは「出禁」となりつつある。小さな独立経営レストランでは既にプラスチック製ストローの使用をやめた店もあるが、大手チェーン各社もこれに追従を始めた。この動きを受け製造業界では、代替品の模索が進んでいる。ハンバーガーチェーンのA&Wカナダは6 ...

  • 中国のアニメ好き熱狂の「ビリビリ動画」 収益化には苦戦

    Yue Wang , FORBES STAFF

    深センのIT企業に勤める30歳のLi Anはアニメとゲームが大好きで、動画共有サイト「ビリビリ動画(Bilibili)」では毎日1時間、ゲームを楽しんでいる。「ビリビリ動画は大学時代から使っている。今でも自分にとって最高の娯楽の一つだ」とLiは話す。運営元のBilibiliは米ナスダックに上場してお ...

  • ヴィクトリアズ・シークレット衰勢の「本当の理由」

    Andria Cheng , Contributor

    米ランジェリーブランド、ヴィクトリアズ・シークレット(VS)を傘下に持つLブランズは7月12日、同月7日までの5週間の既存店売上高が前年比1%減となったことを明らかにした。VSの主力商品のブラジャーと若い世代をターゲットとしたブランド、ピンク(Pink)の売り上げが低迷していることが、美容製品の販売 ...