-

Abram Brown

フォーブス共同編集者

フォーブスでは世界で最も裕福な資本家や企業家について担当。フォーブスライフ及びフォーブスのライフスタイルページでは、最高のシェフ、食事、お酒などの最高の贅沢について執筆。

  • バイデン陣営があつ森に「選挙本部」、若者へのアピール強化

    2020年の米国大統領選挙では、これまでとは全く異なる取り組みが行われている。その一例にあげられる動きを10月16日、民主党のジョー・バイデン陣営が始動させた。バイデン陣営は16日、任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」内に選挙本部「Biden HQ」を開設し、ゲーム内で本格的な広報活動 ...

  • ピーター・ティールが認めた革新的ニュースアプリ「River」の実力

    現代のインターネットには誤情報や悪意のあるニュースが多すぎると、ニュースアプリ「River」を立ち上げたジェレミー・フィッシャーは話す。「例えば、中学生が地理の宿題のために10本の動画をユーチューブで観た場合、その学生が将来的に地球平面説を信じるようになってしまう可能性は十分にある」調査会社「You ...

  • トランプ支持者熱狂のSNSアプリ「パーラー」のカオスな中身

    トランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデンが非難の応酬を繰り広げた9月29日の大統領選討論会は、史上最悪のディベートとも呼ばれ、どちらが勝者だったかを見極めるのは困難だ。しかし、この夜の勝者の一人と言えるのが、保守派の間で支持を伸ばす「パーラー(Parler)」と呼ばれるSNSアプリだ。このアプリ ...

  • 世界人口の3分の1、「Z世代」について知っておくべき事柄

    世界のあらゆる企業が、今後絶対に無視できない勢力に成長するのが、1995年から2010年の間に生まれた「Z世代」と呼ばれる若者たちだ。Z世代は今や世界人口の3分の1を占めており、その購買力は1430億ドル(約15兆円)に達し、国際貿易戦争を再燃させるほどのパワーを持っている。しかし、ジェネレーション ...

  • モバイルゲーマー向けSNS「バンチ」が100万人突破、20億円調達

    モバイルのゲームユーザー向けのビデオチャットアプリ「バンチ(Bunch)」の利用者が急増している。月間アクティブユーザー数は3月から50倍に増え、100万人以上に達している。「世間には色んな種類のゲーマーが居るが、ゲームで仲間とつながることを楽しむソーシャルゲーマー向けのアプリを作ろうと思った」と、 ...

  • TikTok新CEOの有力候補にインスタ創業者、ケビン・シストロムが浮上

    TikTokとオラクルが買収取引に取り組む中、課題となっているのがTikTokの新CEOに誰を起用するかという問題だ。同社の前CEOのケビン・メイヤーは、就任からわずか数ヶ月で会社を離れていた。ニューヨーク・タイムズ(NYT)の9月17日の記事によると、2018年にフェイスブックを退社したインスタグ ...

  • キム・カーダシアンの反ヘイト活動が「英雄的」ではない理由

    キム・カーダシアン・ウェストには、いくつもの顔がある──姉であり妹、母であり夫からひどい扱いを受けた妻、そして長年テレビ界に君臨するスターであり、社会正義の提唱者でもある。さらに、ビリオネア(資産10億ドル)になる日も近いとみられている。その上カーダシアンは、フェイスブックに立ち向かうことによって& ...

  • フェイスブックの若返り策「キャンパス」は支持されるか?

    米国の大学生たちはここ数週間でキャンパスに戻り始めているが、フェイスブックも同様な動きを始めることを決定した。フェイスブックは9月10日、大学生に特化したサービス「フェイスブック・キャンパス」を立ち上げると宣言した。このプラットフォームに参加可能なのは学校から配布される.eduのメールアドレスを持つ ...

  • インスタがまたもやTikTokを模倣、未知のアカウントの投稿を表示

    インスタグラムは8月19日から、"Suggested Posts "と呼ばれる新たな機能の導入を開始した。この機能は、フォローしていないアカウントからの写真や動画をアルゴリズムが抽出して表示するものだ。インスタグラムの競合のTikTokはこのテクノロジーを用いて支持を高めていった。Suggested ...

  • 最も稼ぐTikTokスター、19歳で年収5億円 フォーブス初のランキング

    ドナルド・トランプ米大統領が先週、中国発の人気動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を禁止する構えを示した直後、アディソン・レイ・イースターリング(19)は自分が最も得意とする方法で反応してみせた。それは、TikTokへの短編動画の投稿だ。動画の内容は、TikTokがなくなった後の自分の姿 ...

  • トランプがTikTokを禁止したい本当の理由? 米国で広まるうわさ

    ドナルド・トランプ米大統領は7月31日、動画投稿アプリTikTok(ティックトック)の米国内での使用を翌日にも禁止すると発言した。大統領も官僚たちも、国家安全保障上の問題をその理由に挙げている。中国企業の子会社が運営するこのアプリを通じて、ユーザーのデータが中国政府に渡る懸念があるというのだ。こうし ...

  • TikTokがクリエーター支援に2億ドル拠出、異例の取り組みの狙いとは

    短編動画プラットフォームの「TikTok(ティックトック)」がクリエーター支援を目的に2億ドル(約210億円)規模のファンドの設立を発表した。ティックトックの先行きに懸念が浮上するなかで、ソーシャルメディア企業として異例の措置を打ち出した格好だ。中国IT大手バイトダンス傘下のティックトックは23日の ...

  • インスタがTikTokのパクり機能「Reels」を追加、米国で8月から

    中国企業のバイトダンスが運営する動画SNS「TikTok」の先行きが不透明な中で、インスタグラムはTikTokを模倣した機能の「Reels」を8月から米国ユーザー向けに提供する模様だ。Reelsは昨年11月からブラジルで利用可能になっており、ここ数週間でフランスやドイツ、インドでも可能になった。中国 ...

  • 「人種フィルター」を持つ出会い系アプリ 差別への抗議で再考も

    同性愛者など性的少数派の人に向けた出会い系アプリ「グラインダー(Grindr)」で、これまで非常に広い範囲から冷笑され、明白に批判されることが多かった機能の一つは、相手の人種によって自分に合った人をえり分けるものだ。米国では、人種差別を巡る抗議活動が広がり、人種に関する痛ましい議論が行われる中、グラ ...

  • スナップが大統領のアカウントを制圧、「人種偏見を許さない」

    スナップチャットを運営するスナップ(Snap)は6月3日、ドナルド・トランプ大統領のアカウントを、アプリの前面にある「ディスカバータブ」で表示しない措置を講じると宣言した。トランプのアカウントはこれまで、DJキャレドやカイリー・ジェンナーらのセレブと並んでディスカバータブに表示されていたが、今後は検 ...

  • TikTokで170万フォロワーを獲得した「謎のカルト集団」の正体

    TikTokに突如カルト集団が現れ、フォロワー数を急激に増やしている。このカルトを率いる「Mother Hen」の正体はコメディアンのMelissaで、@chunkysdeadとして活動中だ。170万人のフォロワーは「Stepchickens」と呼ばれ、絶対的リーダーであるMother Henの指示 ...

  • TikTokがディズニーの動画部門トップを引き抜き、CEOに起用

    世界の若者たちの間で絶大な人気を誇る短編動画アプリ「TikTok」が、ディズニーのストリーミング部門の取締役をCEOに起用する。ディズニーの動画ストリーミング部門を率いてきたケビン・メイヤーは今後、TikTokの運営元の中国企業「バイトダンス」のCOOも兼任することになる。メイヤーは以前、ボブ・アイ ...

  • TikTokは子供に有害なコンテンツを放置、米消費者団体が抗議

    中国のバイトダンス傘下の「TikTok」は昨年、13歳未満の利用者のデータを不正に収集していたとして、米連邦取引委員会(FTC)から570万ドル(約6億3000万円)の罰金支払いを命じられていた。TikTokは今年2月に「ファミリー・セーフ・モード(Family Safety Mode)」を導入し、 ...

  • ジャック・ドーシーが1100億円を寄付、資産の3分の1を放出へ

    ジャック・ドーシーが新型コロナウイルスとの戦いに向けて、10億ドル(約1100億円)を寄付することを明らかにした。この金額は、個人によるコロナ関連の寄付としては最大のものとなる。ツイッターCEOのドーシーは、決済アプリのスクエアの共同創業者でCEOも務めており、今回の寄付には10億ドル相当のスクエア ...

  • WHOのコロナ対策動画がTikTokで大人気、平均1000万回以上再生

    TikTokなどの短編動画サイトを中心に新たなトレンドに浮上したのが、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、20秒間の手洗いを呼びかける「セーフ・ハンズ・チャレンジ(Safe Hands Challenge)」と題されたムービーだ。WHO(世界保健機関)は以前からソーシャ ...