Contributor

Ken Roberts

I analyze export-import data, connecting it to trade policy, life

I didn’t leave the womb thinking I would find my life’s work writing and speaking about trade data, trying to make it interesting and relevant. But this is where I find myself. Today, the company I founded in 1998, WorldCity, has published annual TradeNumbers publications around the country, from Seattle to Miami, Los Angeles to New York and numerous points in between. Monthly, we upload more than 6,000 pages of Census data at ustradenumbers.com, on hundreds of airports, seaports, countries, and export and import commodities. I serve on the Federal Reserve’s Trade and Transportation Advisory Council. In the last year, I have spoken about trade in Washington, D.C., Los Angeles, Laredo, Miami and Chicago. I also post a weekly Trade Matters video. I don’t expect you to fawn over it like I do, but I hope I bring a little clarity, a different perspective or some insights that are helpful.

  • 中国が輸入するリサイクルごみが激減 米国には大きな打撃

    中国が、私たちの生活にまたも大きな影響を与えようとしている。私たちが慣れている中国製品を通してではなく、リサイクルの分野での影響だ。私たちは、物を修理するより捨てることを覚えてしまった。靴下を繕う人やテレビを修理する人はもはやいない。より多くのものを所有したいという飽くなき欲望に応えるための外部倉庫 ...

  • 米貿易赤字が12年ぶり過去最高を更新か トランプには皮肉?

    米国勢調査局の最新のデータによると、米国の貿易赤字は今年、12年ぶりに過去最高を記録することがほぼ確実な見通しだ。ドナルド・トランプ大統領の任期中に記録が更新されることになるのは、皮肉だと言えなくもない。トランプは大統領候補だったころから一貫して、中国をはじめとする各国がどれほど米国を利用し、それが ...

  • トランプが歴訪のアジア各国、「重要度」低下したのは日本だけ

    ドナルド・トランプ米大統領が10日間をかけて歴訪中のアジア各国の中で、米国の貿易相手国としての重要性が大幅に低下しているのは日本だけだ。日本は20年ほど前、米国にとってはカナダに次いで最も重要な貿易相手国だった。米国の貿易取引に占める割合は、12.87%となっていた。世界は当時、その約50年前に米国 ...