CONTRIBUTOR

Cherry Reynard

.

Starting an investment journalism career at the height of the technology boom may have been a baptism of fire, but it taught me some important lessons about financial markets. I’ve been writing about companies, stock markets and economies ever since, building a career on trying to understand them better. My over-riding aim has been to uncover how investors can plan their investment strategy to ensure long-term gain, without some of the associated pain. To this end, I’ve written for a broad range of publications – including the Telegraph, the FT, the Investors Chronicle – and even picked up a few awards along the way. I’d love to hear your views – reynard_cherry@hotmail.com or Twitter @creynard0654.

  • 国際スポーツイベント、開催国経済への貢献度は本当に高い?

    サッカーのワールドカップ(W杯)やその他の国際的なスポーツイベントの開催地に名乗りを上げる国は全て、選出されるために最大限の努力を払う。先ごろ閉幕したW杯2018年大会の開催地に立候補した英国は、招致活動におよそ2100万ポンド(約31億2600万円)を費やした。各国が招致の実現を通して期待するのは ...

  • 配当金から利益を得る機会、アジア太平洋地域でますます増大

    株主に支払う配当金が世界で最も高額に上る企業トップ20の業種は、銀行から通信、テクノロジーまで、さまざまだ。だが、こうした企業の大半が、アジア太平洋地域に拠点を置くものとなっていることが分かった。英資産運用会社ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズが先ごろ発表した「ジャナス・ヘンダーソン・グローバル ...

  • 欧州中銀の量的緩和縮小で「スマートマネー」は日本へ? 

    欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和政策の規模縮小を決めたことを受け、スマートマネーは今後の新たな行き先を探しているかもしれない。安倍晋三首相率いる与党が衆議院選挙で圧勝を収めたばかりの日本は、その行き先となるのだろうか。長期にわたりデフレから脱却できない日本は、既得権を守ろうとする国内企業の態度や ...