Official Columnist

小川 善照

Action Time Vision ~取材の現場から~

ジャーナリスト。東洋大学大学院修了。社会学修士。フリー記者として週刊誌では事件取材などを担当。『我思うゆえに我あり 死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人』で2008年に小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。他に共著の『ノーモア 立川明日香』。雨傘運動以降、香港問題に関心をよせている。

  • 東海地震「予知できない」を日本が認めるまで

    静岡県は防災の日が年に二回やってくる。9月1日の「防災の日」の他に、12月の第一日曜日が「地域防災の日」として制定されているのだ。前者は1923年の関東大震災で、後者は1944年の東南海地震をそれぞれ記念したものだ。学校や職場での避難訓練や、建物の耐震化など手厚い防災対策は静岡県民あるあるの一つだが ...

  • 車椅子、杖、立たないモヒカン ─パンクフェス21年目の「精神」

    イギリス最大の保養地として名高いブラックプール市。その中心部にウィンターガーデンという百年近い歴史を持つ市営の多目的ホールがある。映画『Shall We Dance?』や、バラエティの芸能人ダンス部が目指した世界大会が開かれる社交ダンスの聖地である。高い天井に宮殿のような彫刻が施されたエンプレスホー ...