CONTRIBUTOR

Steve Dennis

.

I'm a strategic advisor, writer and keynote speaker on retail growth and innovation, with a particular focus on omni-channel, customer insight and digital disruption. Prior to launching my own firm (SageBerry Consulting) I was the Senior Vice President of Strategy & Multichannel Marketing for the Neiman Marcus Group. During my nearly 30 year retail career I've also held senior strategy, marketing and general management roles at Sears, Lands' End, among others. I've been named a top retail influencer by several publications and my commentary on the future of retail regularly appears in the press. My BA is from Tufts University and my MBA is from Harvard Business School.

  • 小売業界の中間層が崩壊へ 生き残るのは「端」を制するブランド

    「小売の死」を示す報道は大きく誇張されたものであったという事実を、大部分の人がついに理解したようだ。小売業の終わりは存在しない。ソフトウエアが小売を殺しているわけではないし、実店舗もなくならない。従来型の小売業者が全て、これから死ぬ運命にあるわけではないのだ。米調査会社イーマーケター(eMarket ...

  • ブランド中古品ECサイトの上場にみる「リコマース市場」の今後

    中古品市場で優勢を占めていたのはごく最近まで、圧倒的な安値で売るリサイクルショップ、委託販売店やビンテージの古着の販売店などだった。だが、数年前から小売業界で起こり始めた新たな波は、全く新しい「リコマース(中古品売買)」市場を作り出した。高級ブランドを中心としたリコマース市場のリーダー的存在といえる ...

  • オムニチャネルは死んだ、小売業に今必要なのは「ハーモナイズ」

    「オムニチャネル」はすでに死んでいる。筆者の考えでは、もうかなり前に──。簡単に言えば、素晴らしい顧客体験が「誰にとっても、どこでも何でも買えること」であったことは一度もない。小売業者にとってオムニチャネル以上の重要性を持つのは、顧客の買い物において重要な瞬間に注目すべき形でそこにあること、つまり「 ...

  • アマゾンの「低利益率」、心配する必要がないわけ

    アマゾンはその事業分野の多くにおいて、営業利益率の面ではどの企業とどのように比べても、精彩を欠いているように見える。直近の決算で大幅な増益を発表した米百貨店大手メイシーズの営業利益率は、わずかながら6%を上回る。一方、アマゾンはクラウドサービスのアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を除けば、やっと2 ...

  • ネット通販の最大の弱点は「返品」、解決策はあるのか

    電子商取引が実店舗型の小売販売より本質的に儲かるものだという考えは、よくある誤解だ。インターネット通販を主な事業としながら「伝統的な」小売業者を上回る利益率を維持している企業がほとんどないことからも、そのことが分かるだろう。話を単純化し過ぎとの指摘を受けるかもしれないが、ネット販売では注文1件当たり ...