Official Columnist

島 悠里

ブドウ一粒に込められた思い~グローバル・ワイン講座

ワイン・シャンパンの分野で記事を執筆。米国ニューヨーク州弁護士。サンフランシスコ・ベイエリア在住。慶應義塾大学卒業後、外資系投資銀行勤務を経て、米国ロースクール留学。その後、国際弁護士事務所勤務を経て、国際機関勤務のためパリに駐在。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。ワインの国際的な資格であるWine & Spirit Education Trust (WSET) のLevel 3 : Advanced Certificate取得。現在、WSETの最上位資格であるLevel 4 : Diplomaに取り組み中。
【Instagram】 https://www.instagram.com/yuri_shima1029/

  • ボルドーのビジネスモデル: ワインの「先物取引」とは

    前回に続き、ボルドーワインについて。今回は、その特殊なビジネスモデルについてお話したい。ボルドーワインは、独自の流通システムにより販売される。そのなかでもユニークな制度が、「プリムール」。これは、いわゆる「先物取引」で、ワインが醸造所での熟成を経て市場に出る前、すなわちワインがまだ完成していない段階 ...

  • いま、改めて考える「ボルドーワイン」の魅力

    ボルドーワインは、ブルゴーニュワインと並び、世界に数あるワインの中でも一番の知名度と歴史を誇る。ボルドーワインを買うときは、ヴィンテージ(生産年)に注目してみたい。ボルドー地方は、温暖な海洋性気候。大西洋に近く、比較的雨がよく降る。ブドウの生産量や質が天候に左右され、年ごとのバリエーションが大きい。 ...

  • シャンパンをさらに美味しく味わうための5つの知識

    前回に引き続き、シャンパンの基礎知識。今回は、シャンパンが、いかに手間ひまかけて作られ、工夫を凝らしたワインであるかがわかる、5つの項目を紹介したい。1. ブドウ品種は、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエシャンパンに使われる、主要なブドウ品種は、白ブドウのシャルドネ、黒ブドウのピノ・ノワールと ...

  • 「シャンパン通」になるための5つの知識

    「シャンパン」といえば、お祝いの席で飲むお酒というイメージを持っている方が多いかもしれない。その華やかなイメージの裏側には、歴史と人知、ブドウ栽培に厳しい天候との共存がある。いまや世界中で、シャンパンに倣い、同じブドウ品種を使って、同じ製造方法で、泡のワインが作られている。それでもなお、シャンパンが ...

  • 知られざるアメリカ・ワイン業界のM&A

    2017年8月16日に発表された、ダックホーン・ワイン・カンパニー(Duckhorn)によるカレラ・ワイン・カンパニー(Calera)の買収は、ワイン業界を驚かせた。カレラは、仏ブルゴーニュの名門ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)で修業したジョシュ・ジェンセンによって1975年に設立され、 ...

  • 頭で飲むワイン「法律とワインの意外な共通性」

    「ワインのテイスティング」というと、感覚的・直観的なものに思われるかもしれない。もちろん、それも大事だ。しかしワインにまつわる様々な理論を学び、知見を深めたうえで、考えながらグラスの中のワインと向き合っていると、頭の中の知識と目の前のワインが結びつく瞬間がある。「ワイン」をロジカルに分析するのだ。こ ...