Official Columnist

勝股 優

元ベストカー編集長・勝股優の「だからクルマは面白い」

「フォーブス、クルマの記事が少ないぞ!」の声に応えて、これから少しでもクルマに興味を持ってもらえるような記事を執筆。「ベストカー」編集長を30年近く務め、自動車業界を取材した経験と人脈をフルに使って、ホットで面白い情報を提供していく。

  • 乗れる日が待ちきれない 今年一番の注目車「JPNタクシー」

    大転換期だ。日頃あまり報道されない営業車の話だが、私は注目し、楽しみにしている。日本のタクシーが変わる瞬間が近づいてきたのだ。イギリスのロンドンタクシーのような本格的なタクシー専用車が、11月初めあたりから走り始める。ちょうど2年前の東京モーターショーにコンセプトカーとして出品されていたトヨタのタク ...

  • インディ500のパイオニア、ヒロ松下が手がける最新ドローン

    モータースポーツシーズンもあと2か月。今年のトピックスといえば、1. 佐藤琢磨選手のインディ500優勝、2. ホンダ・マクラーレンのF1コンビ決裂、3. トヨタの世界ラリー選手権復帰と2勝、の3つが目玉だろう。ホンダにとっては明と暗だが、日本人がホンダのエンジンで世界を代表するレースで勝ったという事 ...

  • いやが応でもEV時代!? 体験的「電気自動車論」

    タイトルだけだと、電気自動車(EV)否定派の意見かと思われるかもしれないが、私はEVに魅力を感じる一人だ。まだEV黎明期の2009年末から、自宅で200V充電ができるようにして5年乗った。感想はというと「こんなに便利で、不便なクルマはない」だったが、魅力のほうが大きかった感じである。不便は走行距離の ...

  • マセラティがトヨタ車になっていたかも? 車業界のM&A事情

    動物好きの私には対馬でカワウソが発見されたのは大きな驚きだったが、自動車系ジャーナリストの立場で言うと、日産・ルノー連合が上半期の世界販売台数でNo.1になったというニュースには驚いた。日本ではe-POWERノートが大ヒットしているが、世界No.1になるほど元気とは思われない日産だが、中国、アメリカ ...

  • 豊田章男社長が「現役ラリードライバー」にこだわる理由

    マスコミがあまり報道しないところで、トヨタがすごく熱いのだ──。クルマにまつわるホットな情報をお届けするこの連載、今回の記事のテーマは「豊田章男社長とラリー」でいきましょう。執筆は私、元『ベストカー』編集長・勝股でお届けします。モータースポーツは市販車にその技術をフィードバックするというのが建前だ。 ...