CONTRIBUTOR

蛭間 芳樹

日本政策投資銀行 サステナビリティ企画部 BCM格付主幹

1983年埼玉県生まれ。日本政策投資銀行サステナビリティ企画部BCM格付主幹、世界経済フォーラム(ダボス会議)ヤング・グローバル・リーダー2015、「ホームレス・ワールドカップ」の日本代表チーム「野武士ジャパン」のコーチ・監督など活動は公私ともに多岐に渡る。

  • 文明崩壊を避けるための「未来志向」の危機管理とは

    ダボス会議が今年発表した「グローバルリスク報告書2017」は、「今後の世界経済の発展について重要となるテーマ」を次のような順位で挙げた。1位:所得向上と貧富の格差2位:気候変動への対応3位:社会の両極化4位:IoT進展によるサイバーへの依存5位:高齢化社会また、「相互連関性が強いリスク」の順位はこう ...

  • 日本の危機管理意識が「世界の常識」からズレてる理由

    日本政府がリスト化した「起きてはならない最悪の事態」をご存じだろうか?2013年、内閣官房国土強靭化室が発表し、脆弱性解消のための施策を講じた。ところが残念ながら、この施策は世界の危機管理の常識からは外れている。北朝鮮のミサイル、サイバー攻撃、先進国の保護主義化など、日々のニュースを見ると、私たちの ...