CONTRIBUTOR

Gil Press

I write about technology, entrepreneurs and innovation.

I'm Managing Partner at gPress, a marketing, publishing, research and education consultancy. Previously, I held senior marketing and research management positions at NORC, DEC and EMC. Most recently, I was Senior Director, Thought Leadership Marketing at EMC, where I launched the Big Data conversation with the “How Much Information?” study (2000 with UC Berkeley) and the Digital Universe study (2007 with IDC). I blog at http://whatsthebigdata.com/ and http://infostory.com/ Twitter: @GilPress

  • サイバー攻撃に対抗するイスラエル企業、Sygniaが280億円で買収

    イスラエルのサイバーセキュリティ関連のスタートアップ企業「Sygnia」は10月16日、シンガポールの政府系投資会社「テマセク」からの買収提案を受け入れたとアナウンスした。買収金額は非公開だが、関係筋によると2億5000万ドル(約280億円)相当に及ぶという。今回の買収は投資家からの、セキュリティ領 ...

  • AI競争で世界トップを狙うイスラエル、年間140社が誕生

    AI競争で中国は米国を追い抜き、欧州も米国や中国に戦いを挑んでいる。そんな中、イスラエルが急速に存在感を増している。イスラエルはデータ分析やソフトウェア、ハードウェア開発の分野で優秀な人材を多く輩出し、有望なスタートアップが数多く誕生している。アナリストのDaniel Singerによると、イスラエ ...

  • イスラエルで高まる「中国」の存在感 アリババも投資を活発化

    イスラエルのスタートアップへの中国企業の出資額は年々、上昇を遂げている。現地の調査企業「IVC」の推定では、イスラエルのスタートアップへの中国企業の投資額は、年間5億ドルから6億ドル(640億円)のレベルに達しているという。英国の経済誌「エコノミスト」の調査部門「EIU」は昨年、中国企業にとって魅力 ...

  • アマゾンエコー、2017年は「2200万台」販売予測  昨年から倍増に

    スマートスピーカーの普及に伴いアメリカでは今後、スマートホームデバイス市場の急拡大が予想されている。フォレスターリサーチの推計では、稼働中のスマートホームデバイスの台数は、2016年の2400万台から2022年には2億4400万台に増加するという。アマゾンのスマートスピーカー、「アマゾンエコー(Am ...

  • AIが「情報のとり過ぎ」を改善 要約テクノロジーが開く未来

    情報過多の現代において、メールやテキストの要約を自動生成できれば、生産性を大幅に向上させることができる。セールスフォースの研究者チームは5月11日、画期的なアルゴリズムを開発したと発表した。研究を行ったRomain Paulus、Caiming Xiong、Richard Socher によると、テ ...

  • ライドシェア市場「10兆ドル」突破へ 移動の未来に関する調査

    米国では4月の「ながら運転防止月間(Distracted Driving Awareness Month)」にあわせ自動車の事故件数のリポートが発表された。2016年の自動車事故による死亡者数は過去9年で最大となったが、その背景には次のようなデータが挙げられている。「速度超過に喜びを感じる(回答者の ...