CONTRIBUTOR

Ronald Holden

I write about food & drink as a pleasurable activity and as a business

I've lived and worked in the Pacific Northwest as a reporter and editor for the past 40 years, in print, broadcast, and online media. I've been writing reviews since I tasted my first Little League hot dog with yellow mustard; since then I've published five books about wine, and two about local food & drink. I think most food writers do a pretty good job describing flavors, but they don't pay enough attention to the bigger economic picture. (For example, Why suddenly all this kale? Why cider? Who's going to pick all those the grapes?) Food is a business, and a big, global business at that.

  • ソフトバンクも出資の「垂直栽培」農場、シアトル近郊で施設稼働へ

    そのコンセプトは、まるでサイエンスフィクションのようだ──。未来の農場は広大な土地ではなく、温度や湿度、光が調節されたシリンダーの中で、レタスやイチゴを栽培する。必要な土地も水も少なくて済む。米カリフォルニア州を拠点とするプレンティ(Plenty)は11月上旬、ワシントン州シアトルの南にあるケントに ...

  • スタバが好調のお茶ブランド「Tazo」を手放す理由

    米コーヒーショップ・チェーン大手スターバックスは11月2日、所有するお茶ブランド「タゾ(Tazo)」を消費財大手の英蘭ユニリーバに3億8400万ドル(約440億円)で売却することで合意したと発表した。「タゾ」はオレゴン州ポートランドの起業家スティーブン・スミスが1994年、隣接するワシントン州の主要 ...

  • 他国の料理に関する知識、米国人の成績は「落第点」?

    米国人は自国以外の国・地域の食べ物について、どれぐらい知っているのだろうか──。この点に関して調査を行った米シカゴに本社を置くマーケティングエージェンシー、デジタル・サード・コースト(DTC)によると、結果は少々、残念な「成績」だった。各国の最も一般的な食べ物や料理の具体的な名称を明らかにするため、 ...

  • 肉を使わないバーガーの「NLB」、ホールフーズと提携で事業拡大へ

    米オレゴン州のベンドに第一号店をオープンし、大人気となっている「ネクストレベル・バーガー(NLB)」は、インポッシブルバーガー(Impossible Burger)と同様、肉を一切使用しない。ベジタリアン(菜食主義者)だけでなく、ビーガン(完全菜食主義者)にも楽しんでもらうことができるバーガーを販売 ...

  • 米アマゾン、食品部門で売上トップの「意外なブランド」

    2013年に出版されたジェフ・ベゾスとアマゾンについて書かれた書籍「全てがそろう店(The Everything Store)」はフォーブスやブルームバーグ等の大手メディアで絶賛され、現在も多くのビジネスマンらに読まれている。書籍のEコマースからスタートしたアマゾンは今や、家電からアパレル、生鮮食品 ...

  • 無人の移動式コンビニ「モビーマート」、上海市内で試験営業中

    スナック類や市販薬、雑貨などを取りそろえた無人の移動式店舗、「モビーマート(MobyMart)」が現在、上海市内を走行中だ。スウェーデンのウィーリーズ(Wheelys)が開発した自走式のモビーマートは、アプリで現在いる場所を確認することができ、24時間利用が可能だ。利用者はアプリを使って小型バスほど ...

  • アマゾン・ゴーが欧州進出か すでに英国で商標承認

    アマゾンの広報担当者によれば、同社が米国内で試験営業しているレジ精算不要の「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」と、ドライブスルー型のピックアップ専用店舗「アマゾン・フレッシュ・ピックアップ(Amazon Fresh Pickup」は現在のところ、従業員限定で利用が可能だ。これらの店舗はいずれも、 ...

  • 「低価格ワイン」で対抗、コストコに挑むウォルマート会員制スーパー

    ウォルマートが運営する会員制スーパーマーケット、サムズ・クラブ(Sam’s Club)は4月19日、会員制大型倉庫店のコストコに対抗するための新たな戦略として、ワインの販売を強化する方針を明らかにした。サムズ・クラブは米国内に660店舗を展開するが、コストコの店舗数は750。さらに、サム ...

  • 高まるスーパーフード「キノコ」への関心、米食品大手が関連スタートアップに投資

    米食品大手ゼネラル・ミルズ(General Mills)は急成長を続けるオーガニック食品のスタートアップ、米ピュアリー・エリザベス(Purely Elizabeth)に300万ドル(約3億3170万円)を投資することが分かった。4月4日に発行されたフードビジネス(Food Business News ...

  • 双尾の人魚からプリンセスへ スターバックスの誕生とロゴ変遷の歴史

    スターバックスのロゴを始めて描いた人物は、グラフィックデザイナーのテリー・ヘクラーだった。時代は1970年代初頭。米国では当時、コーヒーといえばフォルジャーズやヒルス・ブラザーズのブリキ缶入り製品が主流だった。スターバックスの創業者たちが何度もアイデアを出し合い、同社黎明期のアイデンティティーを作り ...

  • 米スターバックスがフードを強化へ、4年で2倍の収益を目指す

    スターバックスは3月22日の年次株主総会で、4月から新メニューを試験的に導入することを発表した。ランチメニューとして地中海風のサラダやサンドイッチを提供する予定だ。これらの新メニューは、チポトレやダンキンドーナツのようなチェーン店が独占している「ファストカジュアル」(ファミリーレストランとファストフ ...

  • 米スタバ、受難の冬 モバイル注文人気が裏目、難民支援で客離れも

    スターバックス創業者のハワード・シュルツにとっては、何とも気の毒な状況だ。というのも、最高経営責任者(CEO)の座をケビン・ジョンソン社長兼最高執行責任者(COO)に譲ると発表した途端に、同社の業績が悪化し始めたのだ。同社が新たに導入したモバイル注文アプリは、全注文の4分の1を占めるほどの好評を得て ...

  • スタバのジュース専門店「エボリューション・フレッシュ」、全店閉鎖へ

    スターバックスがまた一つ、中核事業であるコーヒー以外のビジネスに終止符を打つことになった。同社が5年前に買収したジュースバー、「エボリューション・フレッシュ」だ。 ケビン・ジョンソン社長兼最高執行責任者(COO)に近くその座を譲るハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は2011年、スターバックス ...