CONTRIBUTOR

Zennon Kapron

I write about how technology is changing the face of finance in Asia

I am a Director at Kapronasia, one of Asia’s leading providers of financial industry market research and consulting services. I follow how technology is disrupting the nature of the traditional financial industry and am a regular speaker and writer on the subject. Prior to Kapronasia, I was Intel's Global Banking Industry Manager and before Intel, the CIO for Citigroup Portugal. I have a Computer Science degree from Syracuse University and an MBA from INSEAD, and am the author of ‘Chomping at the Bitcoin’ published by Penguin.

  • アップルペイが中国で成功できる2つの理由

    これまで多くのメディアや業界観測筋は、アップルペイの中国での成功は難しいと予測してきた。中国ではアリババのアリペイや、テンセントのWeChat Pay(微信支付)が独占的な地位を築いており、欧米のテック企業の多くが中国進出で失敗した。しかし、アップルペイの中国での成功を後押しする、2つの要因がある。 ...

  • 中国で勃興するソーシャル金融 アリババ、テンセントら参入

    中国の信用情報産業は、欧米に比べて遅れている。中国の多くの自治体は信用情報データベースを運用しているが、情報は少なく、銀行は基本的に自己判断で融資を行う。したがって中国の融資の大部分は大企業に回り、個人や中小企業はローンを借りるのが難しい。中国人民銀行(中央銀行)はこの現状を認識し、2015年1月、 ...