Marla Milling

I am a full-time freelance writer in Asheville, North Carolina. I've written more than 900 published articles/essays for a wide variety of publications including Pregnancy, ePregnancy, Women's Health, Kids' Health, Health, Healthgate, and many others, as well as four non-fiction books. Plus, my background includes 10 years as a news producer for WLOS-TV (ABC affiliate in Asheville, N.C.), and six years as Director of Communications at Mars Hill College (now University) in Mars Hill, N.C.

  • 専門家が指摘、新型コロナウイルスで家族を失った人に心のケアを

    米国で新型コロナウイルス感染症による死者数が増え続けるなか、家族を失って悲しみに暮れる遺族のメンタルヘルスをめぐって、懸念の声が上がっている。ペンシルベニア州立大学が新たに実施した研究によると、新型コロナウイルス感染症で1人が死亡すると、それに伴って影響を受ける遺族の数はおよそ9人であるという。そう ...

  • 「多色展開」を発表したバンドエイドが批判される理由

    米ジョンソン・エンド・ジョンソンは先ごろ、人種の多様性を尊重し、異なる肌色に合った複数の色の「バンドエイド」を発売すると発表。インスタグラムに、「私たちは黒人のコミュニティーのため、具体的な変化を起こすための行動を取ることを約束します」などと投稿した。だが、ジョンソン・エンド・ジョンソンは1886年 ...

  • 仮想現実(VR)で痛みを緩和、カリフォルニア州の病院の試み

    痛みを和らげるためのオピオイド鎮痛薬の処方を減らそうとしている医師にとって、カリフォルニア州のとある病院は良い先例になるかもしれない。この病院は仮想現実(VR)をうまく利用し、患者の苦痛軽減に役立てている。カリフォルニア州ニューポートビーチにあるホーグ病院(Hoag Hospital)は、臨床試験を ...

  • 途切れる睡眠、動脈硬化と関連 心疾患リスクに警鐘

    夜、ぐっすり眠れていますか? 途切れ途切れの睡眠になってはいませんか。カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、断続的な睡眠がアテローム性動脈硬化につながることを突き止めた。アテローム性動脈硬化は、週平均1万2000人の米国人が亡くなる心疾患の原因にもなる症状だ。米科学誌「プロス・バイオロジー」 ...

  • 米CDCが注意喚起、ウイルス感染防止に多い漂白剤等の誤用

    米国に住む成人500人以上を対象に実施した調査から、驚くほど多くの人々が、漂白剤や消毒薬、掃除用洗剤を安全ではない方法で使用して、新型コロナウイルスへの感染を防止しようとしていることが明らかになった。米疾病予防管理センター(CDC)が2020年6月5日に発表した調査報告書によると、調査に参加した成人 ...

  • 高齢男性では「新型コロナに対する無頓着さ」がリスク因子に

    誰もが知っているように、新型コロナウイルスによる死亡者は高齢者のほうがずっと多い。ところが高齢男性は、糖尿病や心疾患、合併症を引き起こす免疫不全といった疾患が多いことに加えて、自らをさらなる危険にさらしている。なぜなら彼らは、新型コロナウイルスに感染したり、それが原因で死に至ったりすることをあまり心 ...

  • 「無症状でも自宅でマスク着用」で、家族間感染を79%予防可能に

    新型コロナウイルス感染防止のために、マスクをつけるべきか、つけなくてもよいのか──最近はこうした議論があちこちで交わされている。米疾病予防管理センター(CDC)は4月はじめにガイドラインを更新。食料品店やドラッグストアなどの公共の場では布製マスクを着用するよう呼びかけている。そうした場では、ソーシャ ...

  • 「アルコールを飲むために食事をしない」女子大生が増加中

    飲酒を伴う人づきあいの習慣を守りながら痩せた体を維持するために、多くの女子大生が究極の選択をしている。南オーストラリア大学の最新研究では、18歳から24歳までの女子学生479人の飲酒パターンを分析した。その結果、かなりの割合の調査対象者が、「ドランクオレキシア(Drunkorexia)」をしているこ ...

  • 新生児が子宮内で新型コロナに感染か カナダの医師らが発表

    カナダの医師らは、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応が出た新生児が子宮内でウイルスに感染した可能性が非常に高いと発表した。この男児の40歳の母親は出産前24時間、筋肉痛や食欲減退、疲労、乾いたせきや39度の熱など、新型コロナウイルスの症状を示していた。母親は出産時には呼吸補助を必要としなかった ...

  • コロナ禍により、妊娠女性たちが感じる不安と対処策

    妊娠中に、ある程度の不安を感じるのはごく普通のことだ。しかし、新型コロナウイルス感染への心配が加わると、不安のレベルは天井知らずに跳ね上がる。先日、妊婦たちが新型コロナウイルス感染症を心配すべき理由がまたひとつ増えた。米国疾病管理予防センター(CDC)が、検査で陽性反応を示した母親は、新生児から2週 ...

  • 喉に貼ってコロナの症状監視、米大がウエアラブル端末開発

    米ノースウエスタン大学の研究者らが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の兆候や症状を追跡し、進行を監視するためのウエアラブル端末を開発し、シカゴで試験を行っている。喉元に貼りつける切手大の機器で、実用化すれば病気の早期発見や遠隔治療に役立ちそうだ。試験にはまず25人が参加。50歳以上の感染者 ...