Forbes India

www.forbesindia.com/

Forbes India Online - source for the latest business and financial news and analysis. Covering personal finance, lifestyle, technology and stock markets. Providing business analysis, advice, commentary, tools and investing tips from Forbes ...

  • トイレ発IoT革命。インドの「スマートトイレ」が変えるもの

    ヒンドゥー教の聖典「ビシュヌ・プラーナ」には、「便所に行きたくなったら家から矢を放ち、それが地面に落ちた場所より遠くで用を足すべし」と書かれているという。それくらい、インドにおける「屋外排泄」の文化は根強い。「(インドでは)人口約13億人のうち約5億人がトイレのない家に暮らし、茂みや道端で用を足す。 ...

  • 写真で見る世界の先住民たち 文明社会との「幸福な接点」はあるか

    気候変動や地球温暖化といった地球的な問題が差し迫るなか、われわれが環境を守り、この地球での暮らし方に対する考えを変えるために、先住民の知恵から多くを学べることは事実である。だがこの1世紀、多くの民族が自分たち固有の土地や伝統から追われ、多数決主義的な人生観を押しつけられてきた。だが彼らは今、程度の差 ...

  • 楽しく仕事に取り組むための6つの方法

    2015年、世論調査やコンサルティングを行う米国の企業ギャラップが、組織で働く人々の仕事に対する考え方や態度に関する調査を行った。この調査では従業員のおよそ51%が仕事に本気で取り組んでおらず、17.2%が「著しいやる気のなさ」を示していると報告されている。つまり、仕事が楽しい挑戦であり、成長するチ ...

  • 「世界黄金協会」も注目、インドのジュエリー界に今起きていること

    インド人にとってジュエリーは、富の表象、スピリチュアル・シンボル、そして美の体現物であるといっていい。彼らのジュエリーに対する愛の背景には、文化に深く根ざす5000年の歴史がある。そしてインドのジュエリー産業は、世界規模の販売網に対応できる大量生産型の大規模マニュファクチャラーに占有されてきた。彼ら ...

  • 瞑想は投資判断も助ける。サンクコスト・バイアスを避けて「手放す」ということ

    瞑想と意思決定との意外な関係「瞑想」がビジネス上の判断力を向上させ、大きな投資ミスから組織を救う可能性があることを示す科学的証拠が上がり始めた。瞑想は、経営トップのエリート層の間でますます人気の習慣になっている。「ニューズ・コーポレーション」のルパート・マードック、「フォード・モーター・カンパニー」 ...

  • 「時給で人を使う」時に気をつけるべきこと

    「時給制」は人の心をむしばむかもしれない。科学がその可能性を示した。何年か前、スタンフォード大学が給与システムを新しいソフトウェアに切り替えた時のことである。同大経営大学院、組織行動学教授のジェフリー・フェファー教授は自分の給与明細を見て興味深いことに気がついた。教授職は当然、「時給制」ではない。に ...

  • 「職場のいじめ」問題につける薬

    1年ほど前、100人の従業員を抱えるある組織で、7年務めていた優秀な従業員が機密保護違反の疑いで解雇された。だがITチームによるさらなる調査の結果、彼は「罠にはめられた」ことがわかった。彼が犯したとされた機密保護違反は、昇進の邪魔になる彼を排除しようというある者による、「計画的陰謀」だった。スタート ...

  • イアン・ソープの「33cm」も包む極上テーラーメイド。年30億足市場に究極のニッチ戦略

    デザイナーのニラリ・ルパレル・グルワダ、32歳。インドのファッション市場における「メンズ用シューズのカスタマイズ」というニッチな市場を仕切っている。2016年、リオデジャネイロオリンピックが幕を開けたとき、インドのとあるテレビ局が、世界のオリンピック選手たちとスポーツ専門のコメンテーターを集めたパネ ...

  • 若くなるためには長い時間がかかる──「若さ」についての世界の至言から

    あの松下幸之助も「青春とは心の若さである」と言ったように、多くの偉人が若さについての言葉を残している。「フォーブス・インド」が集めた世界の名言をご紹介しよう。人は、20歳か80歳かに関わらず、学ぶのをやめた時から老いる。学び続ける者はみな、若いままだ。──ヘンリー・フォード若くい続ける秘密、それは、 ...

  • ハーイ、アレクサ! 世界でもっともAIスピーカーが普及している国は?

    インターネットユーザーの中でAIスピーカー(アマゾン・エコー、グーグル・ホーム)を使っている割合は、英語を話すインド人の方が、アメリカ人よりわずかに高いことがわかった。英国のコンサルティング&調査会社「IHSマーキット」の2018年11月時点のデータが明らかにした。このデータは、インドを含む8カ国を ...

  • ミシュラン3つ星を世界最年少で獲得した鬼才、「星返上」の真意は

    「料理界の天才」にして怪物、マルコ・ピエール・ホワイト。16歳の時、「7.36ポンドと本の入った箱と洋服を入れた服を持って」ロンドンに向かったのがすべての始まりだった。1987年、26歳でロンドンに最初のレストランをオープンするやいなや、ミシュランの星を獲得。33歳、当時最年少でミシュラン3つ星を獲 ...

  • 片栗粉と竹で作ったプレミアム生理用ナプキン「カルメシ」。インドで静かなブームに

    「生分解可能」な生理用ナプキン一般の生理用ナプキンの2.5倍の価格なのに、7万人の女性に愛用されている生理用ナプキンがインドにある。考案したのは、ウッタル・プラデーシュ州のマトゥラー出身で、ニューデリーのヒンドゥ・カレッジで化学を学び、優秀な成績で卒業したタンヴィ・ジョリー、27歳。彼女が「天然の、 ...

  • 「瞑想のメッカ」インドからリーダーたちへ、カスタマイズ瞑想のススメ

    スティーブ・ジョブズが瞑想好きで、「限界から解放してくれる」「自分の声がよく聞こえる」と言っていたことはよく知られている。ビル・ゲイツは20代の頃一度、「ソフトウェアのことを考える邪魔になる」という理由で音楽を聞くのもテレビもやめたがその後、瞑想の方が集中には効果があると気づいた。今では「1回10分 ...