Tom Taulli

I write about tech & finance.

He is also the author of several books, including How to Create the Next Facebook: Seeing Your Startup Through, from Idea to IPO and The Complete M&A Handbook.

  • 上司が部下と接する上で犯す3つの過ち

    シェリー・ローズ・シャーベイは35年以上にわたり、言葉と言語が持つ力を研究してきた。その中心となるのは「LAB(言語と行動)プロファイル」システムで、これはベストセラーとなった彼女の著書『「影響言語」で人を動かす』で学ぶことができる。このシステムはビジネス、プライベート問わず、ほぼどんな人間関係でも ...

  • AIは企業の大量絶滅を引き起こすのか?

    1973年、ダニエル・ベルは先駆的な著書『脱工業社会の到来』で、テクノロジーの急速な進歩に促され、激しい変化を遂げる社会について描写した。モノよりもサービスの方がより重要になり、「知識階級」が出現し、性別による役割分担は進化する。ベルはこう記している。「脱工業社会という概念は主として、経済が変容させ ...

  • 『アルファガールズ』 シリコンバレーの男性社会に挑んだ女性たち

    米国では、ベンチャーキャピタル(VC)が驚異の成長推進力の一つとなっており、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ウーバーといった象徴的企業の発展を促してきた。しかしもちろん、VC業界に欠点がないというわけではない。おそらく最も大きな欠点は、「ブロ(bro)」文化と呼ばれる男性中心的な環 ...

  • 物議醸す「ディープフェイク」技術 その問題と未来

    米メモレックスは1970年代〜80年代にかけて、自社のカセットテープの品質の高さをアピールする一連のコマーシャルで成功を収めた。当時のキャッチフレーズは「これは生演奏? それともメモレックス?」というものだった。これは今となっては古臭く感じるかもしれない。なにしろ、現代の人工知能(AI)の世界では、 ...

  • グーグルのルッカー買収、BI分野に激震の予感

    グーグルのクラウドビジネスは、大規模な投資とイノベーションの継続にもかかわらず、市場第3位に甘んじている。しかし、同社クラウド部門の新責任者に就任したトーマス・クリアンは、大胆な策でこの状況を打開しようとしている。それは、26億ドル(約2800億円)を投じたデータ分析企業ルッカー(Looker)の買 ...

  • 企業向けクラウドで急成長「Okta」創業者らが信じる理念

    エンタープライズ向けにID 管理システムを提供するOkta(オクタ)が、またもや好調な決算を発表した。Oktaが5月30日に発表した決算で売上は前年同期比50%増の1億2500万ドル(約135億円)となり、キャッシュフローは2130万ドルまで膨らんだ。同社は今期に新規で450社の顧客を獲得し、累計顧 ...

  • ハリウッドの伝説的エージェントに学ぶリーダーシップ

    私が昨年読んだ中で最高のビジネス書は、『Who Is Michael Ovits(マイケル・オーヴィッツとは誰か)』だ。私はかつて芸能事務所に投資していたため、ハリウッドでのビジネスの難しさを自ら経験した。そして確かに、マイケル・オーヴィッツはこの業界の伝説的存在だった。オーヴィッツは、ユニバーサル ...

  • 2018年、AIに起きた目覚ましい進歩の数々

    人工知能(AI)についての話には、大げさなものも多い。多くの企業が、デジタル・ゴールドラッシュの恩恵を受けようと画策している(ドットコム・ブームとも似た状況だ)。しかしそれでも、AIの世界では本物のイノベーションが起きており、中には驚異的な新技術もある。事実、AIは現在、目覚ましい進化を遂げている。 ...

  • 苦境のフェイスブック 立て直しのためザッカーバーグがすべきこと

    今年はフェイスブックにとって波乱の年で、同社で相次ぐ問題を追うことさえ難しい状態だ。最近には、ソフトウエアのバグにより最大680万人のユーザーの写真が流出した可能性があることが発表された。プライバシーの面で諸問題を抱えているにもかかわらず、フェイスブックのユーザー層は拡大を続けている。それでも、ウォ ...