Forbes Staff

Samantha Sharf

マーケット、ミレニアル世代、マネー担当。

株式市場、美術市場、ミレニアル世代のマネー事情に関する記事を執筆。マーケットと個人ファイナンスを担当する以前は、Forbes.comの投資コーナーのプロデューサーとして、そうそうたる執筆陣がフォーブスのサイトを最大限に活用できるよう支援する仕事に携わった。ペンシルバニア大学卒。主専攻は英語で副専攻は美術史だったが、当時はもっぱら学生新聞The Daily Pennsylvanianの制作に没頭していた。そこでは編集長を務め、さらに週ごとの論説欄で美術やジャーナリズム、様々な自己表現について意見を述べた。ツイッターアカウントは@SamSharf、メールアドレスはssharf@forbes.com。

  • ロックフェラー家が3邸宅を売却へ、総額83億円

    米国の富豪デービッド・ロックフェラーが101歳で死去してから半年ほどがたち、一家は所有する3軒の邸宅を売却することを決めた。フォーブス電子版の寄稿者でもあるアリアナ・ロックフェラーが語るそれぞれの邸宅と祖父デービッドの思い出とともに、3軒について紹介する。1. ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリ ...

  • 米国の「ビリギャル」が破産と復活から学んだ4つのこと

    ソフィア・アモルーソ(33)は2006年、オークションサイトeBay(イーベイ)で始めた古着の販売をきっかけに、「ナスティ・ギャル(Nasty Gal)」を立ち上げ、大成功を収めた。起業から10年もしないうちに、同社の年間売上高は約3億ドル(約338億円)に達し、アモルーソの保有資産はおよそ2億80 ...

  • WeWork創業者が語る成功のカギ 「儲けるための事業はするな」

    シェアオフィス運営大手WeWorkは、米国のスタートアップの中で最も価値ある企業の一社だ。時価総額は200億ドル(約2兆2600億円)に上り、同国の新興企業の中では配車サービス大手のウーバー、民泊仲介サイト大手のエアビーアンドビーに次ぐ規模となっている。WeWorkの時価総額は今年3月、ソフトバンク ...

  • 「ビットコインバブル」を生き抜く、20代起業家の確かな知恵

    2011年当時、700ドルの預金しか持っていなかったオラフ・カールソン・ウィー(Olaf Carlson-Wee)はそのほぼ全額をビットコインに投資した。社員らを説得し、給料5万ドルもビットコインで支払うことにした。家の家賃もビットコインで支払いたいと家主に頼み込んだ。レストランで食事した際には友人 ...

  • フォード家の大豪邸が191億円で販売 「NYで最も高額な家」に

    ニューヨーク州のサウサンプトン(Southampton)にある、かつてヘンリー・フォードが所有した大豪邸が驚愕の1億7500万ドル(約191億円)で売りに出されることが決まった。この金額はニューヨークの不動産市場で公に販売される物件としては現時点で最高額だ。全米ではコネチカット州の「Great Is ...

  • 米国で最高額の豪邸は550億円 LAの映画プロデューサーが所有

    8月7日、ロサンゼルスの高級住宅街ベルエアの敷地面積2万5000平方フィート(約2300㎡)の大豪邸「チャートウェル」が3億5000万ドル(約386億円)で売りに出された。チャートウェルは現在、全米で2番目に高額な大豪邸だ。この家にはTVネットワークのユニビジョンの創立者、ジェリー・ペレンチオが長年 ...

  • 米で最も割安な住宅市場、トップ5にNY

    米国で住宅価格が最も過小評価されている都市の一つに、ニューヨーク(都市圏)が含まれていることが分かった。ニューヨークは国内でも住宅価格が最も高い地域の一つだが、格付け会社フィッチ・レーティングスによれば、同地域の住宅価格は今年第1四半期に10.4%過小評価されていたという。ニューヨークの平均住宅価格 ...

  • 米国から「土地革命」を狙うオンデマンド倉庫企業、Clutterの挑戦

    オンデマンドの倉庫サービスを手がけるClutter(米ロサンゼルス本拠)は6月中旬、6400万ドルの資金調達を行った。今回の資金調達はロンドンを本拠とするベンチャーキャピタルのアトミコ(Atomico)が主導。Clutterの調達資金の総額はこれで1億ドル(約113億円)に達した。Clutterの過 ...

  • 英国の「高級民泊」企業、エアビーアンドビーに宣戦布告

    スタートアップ業界で「エアビーアンドビーの豪華版」として知られるワンファインステイ(onefinestay)がサンフランシスコに進出する。既にロンドンやパリ、ローマ、ニューヨーク、LAやマイアミで展開中の同社にとって7番目の都市となる。ワンファインステイは2021年までに40都市への拡大を宣言してい ...

  • 急増するロボット資産運用 「ウォール街を占拠せよ」発のアプリも

    手数料無料の株式取引用アプリ「Robinhood(ロビンフッド)」は、共同創業者のVladimir TenevとBaiju Bhattが「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)」のデモに感化されて考案したビジネスだ。同社はこれまでに、グーグル・ベンチャーズやアンドリーセン・ホロ ...

  • NY高級アパートから「トランプ」の名が消滅、住民600人以上が署名

    ニューヨーク、マンハッタンにある3棟の高級アパートの住民たちが今後、“トランプが率いる米国”に暮らさなければならないのは確かかもしれない。だが、トランプの名を冠したアパートには住まずに済むことになった。アッパー・ウエスト・サイドにある「トランプ・プレイス」のうち、番地が140 ...

  • セレブの住宅購入、「高額物件」含む6つの特徴とは

    1. 高額物件を買う米国で住宅の購入にかかる費用の中央値は18万6,100ドル(約1,970万円)とされる。一方、ロサンゼルスの不動産仲介業者、パートナーズ・トラストによると、セレブが購入する住宅の価格は、350万~2,000万ドル(約3億7,120万~21億2,400万円)だ。マンハッタンとロサン ...

  • 米国の若者「恋人より親と同居」が増加 理由は不況以外にも

    米国ではこの130年で初めて、一人暮らしやパートナーなどと同居する若者の数を、親と同居する若者の数が上回った。米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターによる2014年の国勢調査データの分析によると、18~34歳の若者の32.1%が親と同居。これに対して、配偶者や恋人と同居しているのは31.6%だった ...

  • スタジアム建設が続々、欧米スポーツ界に見る不動産バブル

    スポーツ界の本当のバブルはテレビの放映権料にまつわるものではない。確かに、スポーツ番組はネットワーク局の独占状態からストリーミング配信に移行しつつあり、ケーブル局のチャンネルもバンドル売りからアラカルト形式に変わりつつある。だがスポーツ番組の価値は、需要と供給の関係から評価しやすい。フットボールなど ...

  • フェイスブックも期待するチャットボット、一大ビジネスになるか?

    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、チャットボットが今後、大きなビジネスに発展すると見込んでいる。同社はボットの開発に重点的に取り組んでいく方針で、4月12日から2日間にわたって開催した開発者会議「F8」では、チャットボット開発のためのプラットフォームを発表した。ボットは人間が行うように ...

  • フィンテックにも逆風 オンライン金融Elevate社がIPO延期

    警戒感を強める米国株式市場において、年初から1月25日までIPOを果たす企業が一社も出ていない。そんな状況下でIPOを予定していたのがオンライン金融の米Elevate Creditだ。Elevate社は、21日に一株20ドルから22ドルの仮条件で360万株を公開、7600万ドル規模(約90億円)のI ...

  • ハローウォレット:社員の福利厚生に役立つ電子リマインダーを追求する

    マット・フェローズ(Matt Fellowes)は、典型的なワシントンの仕事中毒者のキャリアパスを足早に駆け抜けた。ジョージタウン大学から公共政策の修士号を、ノースカロライナ大学チャペル・ヒル校から政治学の博士号を取得した後、2004年にブルッキングス研究所に就職。29歳で低所得世帯の家計についての ...

  • 新世代の決済サービス 11の特徴

    新世代の決済方法を実現したスクエアが11月19日、同種のユニコーン企業の間では初となる上場を果たした。決済サービス事業を行うその他の新興企業も今後、相次いで上場していくだろう。米調査会社CBインサイツによると、評価額が10億ドルを超えるとみられる各国の非公開のフィンテック(金融と技術)関連のユニコー ...

  • アップルペイは来年ブレイクする? 米フィンテック会議で論争

    10月25日、米ラスベガスでフィンテック(金融テクノロジー)に関するカンファレンス「Money 2020」が開催。モバイル決済の未来についての議論が交わされた。大手金融機関のほか、フェイスブックやペイパル、グーグル、ウーバーらの幹部、約1万人が集まり、アップルペイが話題にのぼることも多かった。 モバ ...

  • アップルペイに強敵 米チェース銀行「Chase Pay」を発表

    米金融大手のJPモルガン・チェースは10月26日、新たなモバイル決済サービス「Chase Pay」を発表した。メガバンクがアップルやグーグル、サムソンと真っ向から対決する動きとして注目されている。 フィンテック関連のカンファレンス「Money 2020」の中でChase Payの立ち上げを発表したバ ...