• 中国格下げを「見当違い」と判断する4つの理由

    Kenneth Kim , Contributor

    米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは5月24日、中国の長期国債の格付けを引き下げた。その根拠として中国経済に関するいくつかの要因が指摘されたが、格付けの判断は誤りだといえる。そう考える理由は、以下の4つだ。1. 中国経済「全体」への懸念は的外れ中国にいわゆる債務問題があることは、誰も ...

  • テロ、移民、同性愛 「時代を映す」カンヌ映画祭受賞作

    古谷 ゆう子 , CONTRIBUTOR

    11日間に渡り開催されたカンヌ映画祭が幕を閉じた。閉幕の2、3日前には、各国のバイヤーたちは一足先にカンヌを後にし、街は落ち着きを取り戻しつつあるように見えた。今年は、映画祭期間中にマンチェスターで悲しいテロ事件が起き、映画祭中盤から更に警備が強化された感がある。上映会場に入るためには、プレスパスの ...

  • ADHDの従業員を成功に導く2つのこつ

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    私は、読者からマネジメント関連の問題について意見を聞くのがいつも楽しみだ。教科書やビジネスジャーナルからは学べないような情報と個人的見解を得ることができるからだ。先日、カイル・ネルソンから便りをもらったときも、このような気持ちになった。私が2012年に執筆したADHD(注意欠陥多動性障害)のある従業 ...

  • 米国「売上100万ドル」突破アプリの傾向 iOSでは出会い系も急伸

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    米国の市場調査企業Sensor Towerが5月24日、最新のレポートを公開した。それによると、アップルのアップストア上で昨年、初めて年間売上100万ドルを超えるアプリを生み出したパブリッシャーの数は、グーグルプレイでのそれを大きく上回った。Sensor Towerは資料の作成にあたり、米国のアプリ ...

  • 米国のCEO好感度ランキング、トップ10とワースト10

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    CEOの中には、従業員と国民の両方から熱烈な支持を受ける者もいる一方で、会社のイメージを劇的に悪化させたり、国民を激怒させたりしてしまう者もいる。ではCEOの中で、ファンが最も多い、あるいは少ないのは誰なのだろうか?民間企業の収益などのデータのクラウドソーシングとビジネス関連情報を提供するサイト「ア ...

  • Amazon Channels、英独でTV番組配信サービスを開始

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    アマゾンは5月23日、英国とドイツのプライム会員向けに有料のテレビ放送の視聴サービス「アマゾン・チャネルズ」を開始すると発表した。これによりプライム会員は、有料チャンネルの高額なセット料金や長期契約をすることなく、プライム会員費に低額の月額料金をプラスするだけで好みのチャンネルや番組を視聴することが ...

  • 「負けない不動産投資」を実現する5つの視点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    長期にわたって安定的にリターンがあると人気の「不動産投資」。しかも、投資リスクもやり方次第で十分回避可能だという。ではどうすればいいのか? さっそく「負けない不動産投資」を実現するための5つの視点を見ていこう。【視点1】 経営戦略的な視点で不動産投資を捉える不動産投資に興味があり、学ぶ意欲もある。だ ...

  • 100年続く企業、長寿の秘訣は「オフィスビル投資」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    超高齢化、人口減少、人材の流出・・・。日本の中小企業、とりわけ地方企業を取り巻く環境は厳しい。事業の先細りが予想される中、持続的に成長していくにはどうすればいいのだろうか。そのカギは「オフィスビル投資」にある。実際、100年続く長寿企業の数を業種でみると、オフィス賃貸業が2位にランクインしている。不 ...

  • 年商185億円を稼ぐ男の、堅実な資産のつくり方!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資で堅実に資産をつくっていく方法は“アパート投資”にある——。こう語るのは、不動産コンサルティングを手がけるPresi(プレジ)の代表取締役 石井雄也氏だ。過去に年間70件以上の不動産取引を成功に導き、185億円の売り上げを達成した実績を持つ人 ...

  • 超多忙でも不動産投資を成功に導く、“シンプルな鉄則”とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「本業が忙しいから、不動産投資を始める余裕がない」サラリーマンが不動産投資を始める際に聞こえてくるのが、こうした声だ。しかし、中には超多忙でも不動産投資で成功を収める人もいる。Williamson-Dickie Japanの代表を務める、平山真也氏もその1人だ。経営者として結果を残しつつ、「不動産投 ...