Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

ドロップボックスに“優しいイメージ”を与えた共同創業者のフェルドーシ。
技術ではなく、ユーザー重視が成功の秘訣だ。(フォーブスジャパン10月号)

すっかり、保存・同期サービスの代名詞になった「ドロップボックス」。クラウドサービスが普及したいまも、勝ち続ける秘密は“ヒト”にあった。

2008年、外出先でも簡単にファイルを保存・同期できるサービス「ドロップボックス」が登場すると、誰もがその便利さと技術にうなったものだ。
 
ところがいまや、アップルやグーグルなどの大手も当たり前のようにクラウドサービスを展開するようになった。ドロップボックスの成長を不安視する人は少なくない。
 
だが同社には、“秘密兵器”がある。共同創業者のアラシュ・フェルドーシ(29)だ。マサチューセッツ工科大(MIT)を中退した技術者でありながら、彼はユーザー感覚で製品をつくることができる。
 
そもそも、ドロップボックスが人気サービスになった“秘密”は、彼にあるのかもしれない。同社のサイトは、親しみやすいイラストやアニメでサービスの使い方を解説しているが、これはフェルドーシの発案だという。複雑なサービスであればあるほど、一般のユーザーにもわかりやすく伝える工夫が必要だと考えたのだ。
 
フェルドーシは、ユーザーエクスペリエンス(UX)をさらに高めることが、ライバルに勝つためのカギだと考えている。

「“同期”するだけのサービスでは、利用者には物足りないはずです。もっと使いたくなるようなUXをつくらなくては」


ミゲル・ヘルフト = 文 ティモシー・アーチボルド = 写真 フォーブス ジャパン編集部 = 翻訳

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい