睡魔、尿量も予兆? 「死を迎える体」が示す意外なサイン

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Getty Images

死の数日前には呼吸が難しく

死の数日前になると、呼吸のコントロールが効かなくなる。一時的に呼吸が遅くなり、その後速くなり、全体的に呼吸が不安定になってしまう。そして、肺に水分がたまり、呼吸が「がらがら」と聞こえるようになる。咳が出ることもあるが、それほど深くありません。

死ぬ前の24時間に元気が出て、短時間であるものの、普通に座ったり話したりする人もいる。

死の数日前に肌の色が変わることがよくあるが、それは血液の循環が悪くなるせいで、顔色が悪くなったり、白っぽくなったり、皮膚が斑点状になったりすることがある。

脳への酸素供給が滞り、ぼんやりしたり、眠くなったりすることもある。幻覚を見たり、そこにいない「人」と話したりする人も。中には、亡くなる数日前に意識がなくなる人もいる。

死の直前の24時間はどうなっているのか?

死期が近い人は、ほとんどの時間を眠って過ごす。目が覚めているときは、感覚が鈍っており、コミュニケーションがとれないこともある。しかし、耳は聞こえているので、普通に話しかけて。

── 死が近いことを示す身体的なサインとは?

・突発的なエネルギーの発生

・特に手足や膝の皮膚の斑点やしみ

・血圧が低下する。

・飲み込めない。

・尿が少なくなる。

・落ち着きがない。

・呼吸困難

・肺のうっ血
次ページ > 死の直前には...

編集=石井節子

ForbesBrandVoice

人気記事