中国のライフスタイルと働き方の新常識

中国では日常生活の中で提示が求められる「健康コード」。どのように使われているのだろうか(Getty Images)

湖北省武漢で新型ウイルス感染確認後、中国は「一党専制」の政府の強いリーダーシップの下、独自の拡大防止策を次々と打ち出してきた。

その中でも代表的なのが200の地方政府によって提供されている「健康コード」だ。スマホを利用して個人の健康状態、行動情報を入力すると、さまざまなデーターベースと照合され、感染リスクの大小が3段階で表示されるツールだ。ユーザーは地下鉄やバスに乗る時、商業施設に入場する時、健康コードを提示し、感染リスクのあるユーザーは制限される。

ところで、市中ではこの健康コードをめぐって予期せぬ事態が起きている。高齢化が進む中国では65歳以上のネット普及率が1ケタ代で、スマホを所持していない高齢者も多い。このような中、駅員やバスの運転手との間でトラブルになるケースが増えているのだ。

スマホで感染リスクを証明


健康コードは政府が開発し、今年2月に浙江省杭州市が初めて提供し、その後急速に中国全土に普及した。

まず、スマホにインストールされているメッセンジャーアプリのウィーチャット(微信)やアリペイ(支付宝)を通じて健康コードにアクセスする。

登録方法は身分証で本人確認を行った後、健康に関するいくつかの質問に答えて自己申告する。質問項目は、「健康状態に異常がありますか」、「過去14日以内にウイルス感染者もしくは感染の疑いのある人に接触しましたか」、「家で隔離中ですか」などで、中国語のほか英語、日本語、韓国語にも対応している。

この自己申告に基づいてアプリに搭載されているAIで政府が保有するデータやデーターベースと照合して分析して、リスクを緑色、黄色、赤色のQRコードで表示する。緑色は「感染リスクがない」、赤は「感染のリスクがある」、黄色は「現在、隔離中」で、感染発生の(国・地域)から来たばかり人のスマホには黄色のQRコードが表示される。

健康コードはどのように使われているかというと、地下鉄、公共バスに乗車する時、オフィスビルや商業施設に入る時、ホテルに宿泊する時などに入り口に設置された読み取り機にスキャンして提示しなければならない。機械のないところでは警備員に見せて確認してもらう。この時、QRコードが緑色の人はそのまま入場できるが、赤や黄色の人は入場できない。

政府は健康コードのダウンロードは任意というが、事実上、これらの施設に入場するとき健康コードの提示は必須になっており、提示しないと駅員やバス運転手、場合によっては他の乗客にとがめられて入場できないことになる。

文=廣田壽子

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい