低年齢のコロナ無症状感染者に警戒を、米小児科医らが指摘

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Images By Tang Ming Tung / Getty Images


こうした研究結果は、学校やデイケアセンターの再開の検討において、重要な意味を持っている。ヨンカー医師らやその他の専門家らが指摘するのは、学校や同様の環境で子供たちの感染の有無を確認するための方法として注意すべき点は、検温や症状のモニタリングだけに頼るべきではないということだ。

その理由の一つには、子供が発症することが多いその他の一般的な疾患と、COVID-19の症状は似ている場合が多く(発熱や鼻水、咳など)、正確な診断が難しいということがある。

ファサーノ教授らは、子供たちに対してより必要とされることは、社会的距離の確保やマスクの着用、頻繁な手洗い、遠隔学習と対面学習の双方を取り入れることだとしている。

さらに、生徒・学生たちについては、学校再開に関する方針を決定する際に欠かせないのは、全員を対象に定期的な検査を継続的に行い、適切なタイミングで結果を報告していくことだという。

ファサーノ教授は、子供たちがウイルスを自宅に持ち帰る可能性を考えれば、適切な計画を立てることなく性急に学校を再開することは、感染者の急増を招くことにつながると警告する。

「必要な感染防止対策を講じないままで学校を再開すれば、子供たちがこのパンデミックにおいて果たす役割は、さらに大きなものになるでしょう」

感染リスクが高い高齢者と子供が同居している世帯では特に、家庭内で感染が広がる危険性が高い。

編集=木内涼子

タグ:

連載

新型コロナウイルス特集

ForbesBrandVoice

人気記事