Close RECOMMEND

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

.

次世代のiPhoneに、「架空のグループ自撮り」を撮影する機能が追加される可能性が浮上した。これは、離れた場所に居る人々と同じ写真のフレームに収まることを可能にする技術であり、新型コロナウイルスのパンデミックにより、ソーシャルディスタンスが義務づけられた時代にぴったりなものと言えそうだ。

この技術は、アップルが先日取得した57の特許の1つに記載されており、ニュースサイトのPatently Appleが記事化した。ただし、特許の申請は2018年7月のことで、同社がコロナ後の時代を見据えて考案したものでは無さそうだ。

特許資料では、端末のコンピュータパワーを利用して、グループの自撮り写真を人工的に合成するテクノロジーが描かれた。一緒に自撮りを撮影したい相手を招待すると、お互いの端末の内部の写真を用いて、グループ写真を合成できるのだ。

このテクノロジーの利点は、人物の背景の画像を消去して、顔のみを自然に合成できる点とされている。合成が完了した段階で、背景を加えることが可能になっている。さらに便利なのは、各個人の顔の画像を修正したり、位置を入れ替える機能も備わっている点だ。

つまり、イベントの会場などで個別に撮影された自撮り写真を、一枚のグループ写真にまとめるような利用シーンも想定できる。さらに言うと、様々な服装や場所で撮影した自分の写真だけを組み合わせて、架空のグループ写真を合成するなどの利用法も考えられることになる。

アップルによると、この機能では静止画だけでなく、動画も利用可能だという。さらに、グループ写真に写り込んだ全ての人々が、写真や動画に編集を加えられるという。つまり、自分の姿が気に入らない場合、好みのものと入れ替えることが可能なのだ。

この機能が実際に利用可能になれば、写真の楽しみ方が大きく変わるだろう。

特許資料が存在するからといって、必ずしもこの機能が具体化されるとは限らないが、筆者としては、近い将来のiPhoneに架空の自撮り機能が実装されるのを楽しみに待ちたい。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ