Close RECOMMEND

I focus on the expanding arena of automotive technology.

metamorworks / Shutterstock.com

ドイツの自動車部品メーカーの「コンチネンタル」が、ブロックチェーンを活用した駐車場の情報共有プラットフォームを立ち上げた。自動車のドライバーらが取得したデータをマネタイズする仕組みは、各社が考案しているが「運転しながら稼ごう(Earn As You Ride)」というコンチネンタル社の呼びかけは、注目に値する。

コンチネンタルはヒューレット・パッカードやスタートアップ企業のCrossbar.ioと共同でアプリを立ち上げ、駐車場データを共有したドライバーに、報酬を与えようとしている。

Earn As You Rideのアプリは、まずデータ共有の同意を求める。その後、アプリは走行中の車両が検知した駐車場の空き情報をリアルタイムで送信し、コネクテッド・パーキングを運営する業者らがそのデータを活用する。ドライバーらは報酬を、仮想通貨で受け取る仕組みになっている。

駐車場データの共有自体は真新しいものではないが、運転者が報酬を得られる仕組みは注目に値する。近年は新車の多くが、センサーやモバイル通信機能を装備しており、渋滞情報や駐車場情報が企業のサーバに蓄積されている。しかし、これらの情報はドライバーには十分に開示されておらず、情報共有の対価も与えられていない。

しかし、GDPRのような新たな規制の導入で、企業らが情報利用の透明性を維持し、データ収集にあたっては同意を得ることが必須になりつつある。ジャガーランドローバーも同様な試みをアイルランドにおいてテスト中で、IOTAのプラットフォームを利用して、仮想通貨で報酬を与えようとしている。

情報のマネタイズ手段を加えることで、自動車メーカーは運転者同士のデータ共有を活性化させ、新たなビジネスを創出できるかもしれない。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい