Close RECOMMEND

AI通信「こんなとこにも人工知能」

shutterstock

自動走行車の開発競争が過熱するなか、中国IT大手のバイドゥが韓国で新たな特許を出願したとして話題となっている。出願されたのは、「自律走行車両内でメディアコンテンツを表示するためのシステムおよび方法」というもので、その主要な内容は自律走行車が認識した各種情報・データを拡張現実(AR)技術で車内に映し出すというものだ。

より詳細には、自動走行車に搭載されたセンサーが外部の対象を認識し、車両のフロントガラスなどに表示する。例えば、道路にある制限速度の看板などを読み込み、運転者の目の前に再現するといった具合だ。SF映画に出てくるような、近未来の自動車を想像してもらうと分かりやすいかもしれない。

なおこのAR技術は、車両内に搭載される音声認識AI、ロボティクス技術などと連動する見通しだ。バイドゥは現在、人間の表情を解析して対話する自動走行車用のAIロボット「小度」(シャオドゥ)を開発している。小度は、運転者が口頭で指示を出すと、ナビゲーション、エアコンの調整などを行ってくれる。一方、運転者を監視しながら、居眠り運転や危険な行為に対して警告を促す。

小度はすでに、中国国内の車両に搭載されたことがあるが、今後、AIとARが連動することで、運転者はさまざまな形でサポートを受けていくことが可能となる。

補足までに、中国の特許データベース提供会社「incoPat(インコパット)」によれば、バイドゥは自動運転の特許出願数で世界6位にランクインしている。1位はフォード、2位はサムスン、3位はトヨタという順位である。

4月19日、池袋で起きた不幸な交通事故は日本中で物議となっている。87歳という高齢ドライバーが運転した車両が猛スピードで交差点に進入し、ゴミ清掃車などを巻き込みながら、複数の死傷者を出した。同事件の論点、また批判の対象となっているのは高齢ドライバーの運転能力だ。SNS上では、高齢者に「免許返納」を求める声が高まりを見せている。

この手の不幸な事故をなくすために、高齢ドライバーに「道徳」や「主体性」を求める行為は一見、正しいようにも見えるが、根本的な問題の解決には繋がりにくいだろう。一般的に、高齢者であるほど身体能力は低下し、モビリティ手段は生活に欠かせなくなるからだ。

解決策としては、自律走行などテクノロジーによる管理しかない。近年では、シートベルトを締めないとアラートが鳴り続けるようになったが、同じような仕組みで解決していく方が合理的ではないだろうか。もちろん、ことは高齢者の運転に限らない。煽り運転や飲酒運転など、昨今話題となっているイシューも同様だ。

AIやロボティクス技術の発展動向を鑑みれば、テクノロジーで解決できる交通問題はかなり広範囲にわたるはずである。

連載:AI通信「こんなとこにも人工知能」
過去記事はこちら>>

文=河鐘基

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい