閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

今回、これまでForbes JAPANに登場したクリエイターやアーティストに、仕事からプライベートなことまでを聞くアンケートを実施。今日から毎週木曜日、その回答を順次紹介していく。

第1回目のテーマは、「尊敬している人物」について。自らが憧れの対象となることも少なくない彼らは、誰の、どのような点を尊敬しているのだろうか。


田川欣哉|Takram代表

ジョナサン・アイブです。彼はアップルのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとして、アップルのデザインを牽引してきました。デザインで世界を変えた人として、心から尊敬しています。

あと、今年からジョナサンは、僕が客員教授を務める「Royal College of Art(通称RCA)」の名誉学長になりました。単なるミーハーですが、同僚になれてウレシイ!



ジョナサン・アイブ◎1967年、ロンドン生まれ。ニューカッスル工科大学で工業デザインを学び、英国のデザイン会社数社を経て、92年アップルに入社。96年からデザインチームを率いてiMacやiPodなどの画期的な製品を世に送り出す。チーフデザインオフィサーとしてかつてはスティーブ・ジョブズと、いまはティム・クックとともにアップルを牽引。

田川欣哉◎ハードウェア、ソフトウェアからインタラクティブアートまで、幅広い分野に精通するデザインエンジニア。グッドデザイン金賞など受賞多数。内閣府クールジャパン戦略アドバイザリーボードメンバー。2015年より英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート客員教授。

ドミニク・チェン|早稲田大学文化構想学部准教授

アメリカのSF作家である、テッド・チャン。尊敬する人は100人くらいいて絞りきれないのですが、強いて挙げるなら彼です。彼に限らず、好奇心が強い人たちを尊敬しています。



テッド・チャン◎ブラウン大学コンピュータサイエンス専攻卒。大学を卒業した1年後、デビュー短編小説「バビロンの塔」が、世界的なSF文学賞「ネビュラ賞」を受賞。著書「あなたの人生の物語」は日本で2016年に公開された映画「メッセージ」の原作でもある。

ドミニク・チェン◎学際情報学博士。NTT InterCommunicationCenter(ICC)研究員を経て、NPOコモンスフィア(クリエイティブ・コモン・ジャパン)理事、株式会社ディヴィデュアル共同創業者。2017年より早稲田大学文化構想学部准教授。フランス国籍。

井田幸昌|現代アーティスト

ZOZOの前澤友作さん、棋士の羽生善治さん、野球選手のイチローさん、アーティストのアルベルト・ジャコメッティとコンスタンティン・ブランクーシ、そして両親。多様な好奇心と、仕事への集中力、未来を見通す力がある方を尊敬します。あと、笑顔が素敵な人かな。



アルベルト・ジャコメッティ◎20世紀前半に活躍した、スイスの彫刻家・画家・版画家。戦後のフランスの彫刻界において、最も高い評価を得ると評されている。2017年には、国立新美術館でジャコメッティの作品約135品が出品された展覧会が開催されている。

井田幸昌◎1990年鳥取県生まれ。2016年東京芸術大学美術学部油絵専攻卒業。2016年、VOCA展2016に出展、また現代芸術振興財団が主催する第3回CAF賞で名和晃平賞を受賞。18年、Forbes JAPANが主催する「30 UNDER 30」に選出。

文=フォーブス ジャパン編集部 写真=gettyimages

あなたにおすすめ

合わせて読みたい