Close

PICK UP

I write about leveraging neuroscience to create remarkable leadership.

shutterstock.com

リーダーシップと組織風土のコーチである私はよく、「CEOにとって一番大変なことは?」という質問を受ける。CEOは、自分の思うままに会社を形作り、自分と一緒に働く従業員を雇い、達成した実績を認められる立場にあるが、一方で信じられないほどの孤独を抱えている。

CEOたちいわく、自分の役職での最大の問題は、完全に信頼できる人間がいないことだという。非常に大きな責任とプレッシャーを抱えながら従業員の前では平静を装い、常に結果を出し続け、全ての責任を引き受ける立場にあるCEOが、自らを孤立させる傾向にあるのも不思議ではない。そしてこれは、対処すべき問題だ。

孤独であることのジレンマ

ハーバード・ビジネス・レビュー誌によると、CEOの半数が孤独を感じており、そのうち61%が孤独は仕事のパフォーマンスを妨げていると思っている。ただでさえ激しい職場環境である上、CEOにはメディアの視線が注がれる。

CEOは以前にも増して公的人物とみなされるようになっている。ファスト・カンパニー誌は2015年、世界のリーダーのトップ10とワースト10を比較する記事を掲載したが、CEOはその両方のリストに入っていた。さらにニュースサイト「ビジネスインサイダー」も、米国史上最悪のCEOたちを詳細に紹介する記事を出している。

残念ながら、テクノロジーの発達により、プライベートと公的生活との境界線はあいまいになった。著しいプライバシー欠如の感覚は、孤独感のさらなる増加に寄与している。そしてこれ、脳にも悪影響を与えている。

孤独は病気につながることもある。社会的な孤立は、行動や脳の活動に影響を及ぼすからだ。孤立や孤独感は「闘争か逃走」反応を引き起こし、健康を害して死に至る場合すらある。孤独感は、睡眠パターンやストレスホルモン、さらには白血球の生成にまで影響する。健康と仕事能率の改善には、こうした仕事上の孤独感を克服する方法を学ぶことが極めて重要だ。

以下は、CEOとして孤独を克服するための3つのアドバイスだ。

編集=遠藤宗生

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい