Close

PICK UP

.

       

5月末のビルボードミュージックアワードに登場したBTS(Frazer Harrison by Getty Images)

5月末に全米アルバムチャートの「ビルボード200」で1位に立ち、世界から大注目を集めたのが韓国の男性ボーカルグループ「BTS(防弾少年団)」だ。Kポップのアーティストとして史上初の快挙を成し遂げたBTSは、米国のチケットの2次流通市場でも存在感を高めている。

BTSは8月から「LOVE YOURSELF ワールドツアー」を始動するが、米国とカナダで開催予定の14公演のチケットが、今夏のコンサートシーズンで最も入手困難なものになっている。

チケットのマーケットプレイス「TickPick」によると、BTSのチケットの平均価格は478.98ドルで、同サイトで最高値のアーティストとなっている。2位のブリトニー・スピアーズのチケットは352.92ドル。3位のパール・ジャムは318.36ドル。4位のエルトン・ジョンが286.17ドル。5位のアンドレア・ボチェッリが279.01ドルとなっている。

本原稿の執筆時点で最も高値なBTSの公演の一つは、9月28日金曜日のニュージャージー州ニューアークでのコンサートで、「チケットマスター」では最安値でも430ドルとなっていた。また、テキサス州フォートワースで開催される9月15、16日の公演は最安値でも700ドル以上となっている。

BTSは米国で11公演を行なうが、どの日程においても良い席は1500ドル以上の価格で販売されている。カナダで開催される3公演も即日完売となり、2次流通市場ではかなり高値で販売されている。欧州のロンドン、ベルリン、パリ、アムステルダムでの公演も全てソールドアウトになった。韓国のソウルで8月に開催の2公演のみが、まだ発売されていない。

BTSはデビューからわずか5年で世界的な人気を確立した。今回のツアー「Love Yourself」は彼らの人気が最高潮に達したタイミングで実施される。BTSは2015年以来の全アルバムを「ビルボード200」に送り込み、最新アルバムの「Love Yourself: Tear」でついに全米1位を獲得していた。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい