Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about how companies can make money in China's car market.

Photo by Chesnot/Getty Images

米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズは11月7日、直営の急速充電スタンド「スーパーチャージャー」の利用を有料化すると発表した。来年1月1日以降に同社の車を注文する人たちには、およそ1,600kmを走行できる電力量(400 kWh)までが無料で提供されるものの、その後の充電は有料となる。料金などの詳細については、まだ明らかにされていない。

無料のものがなくなることを喜ぶ人はいない。充電の有料化は今後のテスラ車の需要に影響を及ぼすだろうか?──そうはならない公算が大きい。その理由は、次の5つの点にある。

1. モデル3に絡む「数字」が全てを変えた

新型セダンのモデル3が発表された今年3月、テスラはあらゆる人たちの予想を大きく超える予約を受け付けた。わずか1晩で、約16万台の予約があったのだ。それは、同社が創業からそれまでに販売していた台数、11万台を大幅に上回る数だった。

テスラはその16万という数字(その後も増え続け、すでに40万に近づいている)によって、その後の事業計画の全てを迅速に見直すことを余儀なくされたのだろう。そして、それにはスーパーチャージャーに関する方針も含まれていたと考えられる。

2. 行うか否かではなく、いつ行うかの問題だった

多くの人たちが、テスラはがモデル3の充電を有料化すると予想していた。だが、年内に注文する限り、実際にはモデル3の購入者にも、モデルS、モデルXのオーナーたちと同様のサービスを提供することとした。これは賢い決定だ。

3. テスラ車の魅力

テスラ車のオーナーたちは、なぜその車を選んだのだろうか?所有者たちの答えは、大半が同じだ。「魅力的なデザインと革新的なテクノロジー」、そして、カリフォルニアで生まれた革新的な電気自動車をいち早く手に入れた一人であるというクールな側面を享受できる、ということも購入の決め手だ。

無料の充電は、購入を決めた理由のリストの上位には入っていない。テスラ車に乗る人たちの大半にとって、スーパーチャージャーを無料で使えることは、思いがけないボーナスのようなものだ。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい