Close RECOMMEND

PICK UP

Samsung Galaxy S6 EDGE (Tsvetelin Dobrev / Shutterstock)

世界で最も有名なスマートフォン情報の“リーク屋”であるエヴァン・ブラスは今月初め、近く発売されるサムスンのGalaxy S7の詳細をリークした。彼はツイッターでその内容について「100%裏が取れている」と言明した。BBCに“リーク王”と呼ばれるほどの人物からもたらされた情報とあり、信憑度は高い。また、変更点の全てはファンが望んでいたものだ。その内容を下記にお知らせする。

1. 防水対応
Galaxy S5で採用され、S6では外されたIP67規格の防水・防塵機能が復活しそうだ。防水機能はiPhone7にも採用されると予想されている。

2. バッテリー容量の増量
ディスプレイサイズ5.2インチと見込まれているGalaxy S7はバッテリー容量がS6の2500mAhから20%アップし、3000mAhとなるだろう。Galaxy S7 Edgeはサイズが5.5インチにアップし、バッテリー容量もGalaxy S6 edge(2600mAh)から3600mAhに増えそうだ。iPhone7のバッテリー容量が増えないなら、この点は大きな差別化要素となりうる。

3. 外部ストレージの復活
Galaxy S6は外部ストレージをカットし、大きな反発を買った。S7はmicroSDカードを差し込むことで、容量を最大200GBまで拡大できる。容量を増やすという方法は安直だが、iPhone7の基本容量をiPhone6Sから16GBしか増やさないアップルにかなりのプレッシャーを与えるだろう。

4. カメラのアップグレード
フォーブス寄稿者ポール・モンクトンの分析によると、サムスンはGalaxy S7のカメラの解像度をS6の1600万画素から1200万画素に落とす賭けに出るという。一方でf/1.7のレンズを搭載するため(S6はF/1.9)、暗い場所でも撮影がしやすくなる。

5. RAMを増強
ブラスはGalaxy S7とS7 Edgeの内蔵メモリが4GBになると断言した。アンドロイドはメモリ消費が大きいが、この変更点はパフォーマンスを大きく向上させ、特にマルチタスクで威力を発揮するだろう。ブラスはまた、サムスンがスマートフォンに自社開発チップExynosを使用する可能性は低いとしている。

iPhone7ではイヤフォンジャックが廃止されるという説が有力だ。それに反対する人々の支持を得られるという点でも、サムスンは販売台数を伸ばせるかもしれない。サムスンのGalaxyシリーズはこれまでアップルを捉えることはできなかったが、ブラスの予想が正しいなら、サムスンの逆襲がここから始まるのかもしれない。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい