SMALL GIANTS AWARD 2022-2023 実はすごい会社 発掘プロジェクト

  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023
  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023
  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023
  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023
  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023
  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023
  • SMALL GIANTS AWARD 2022-2023

EVENT PROGRAM

スモール・ジャイアンツ小さな巨人
大逆転劇を目撃せよ!

すごい中小企業7社が登場。各社の代表が事業戦略や大逆転の軌跡などをプレゼンテーションで披露します。いずれの会社も長い歴史を持ち、倒産の危機など幾多もの困難を乗り越えて、世界に影響を与えるまでに飛躍してきた存在です。彼らのプレゼンテーションには、飛躍のヒントが詰め込まれています。ご注目ください。

TIMELINE

SMALL GIANTS AWARD 2022-2023

11月18日(金)
15:00〜18:10
LIVE

アワード前日祭 開催決定!

11月17日(木)
15:00〜17:45頃
オンラインイベント

11月18日(金) 15:00〜18:10LIVE

  • 15:00ライブ配信スタート

  • 15:10~プレゼンテーションスタート

    no.01

    浅井農園

    三重県

    オーダーメイドトマトでスマート農業の旗手に。進化し続ける研究経営

    三重県 浅井農園
    三重県 浅井農園
    三重県 浅井農園
    三重県 浅井農園

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    北條規

    大正大学

    教授

    北條規

    明治40年創業。家業を立て直すために5代目社長の浅井雄一郎氏が第二創業して2008年からミニトマト事業に参入した。研究開発型農業カンパニーとして次々と農業分野にイノベーションを起こし、日本有数の大規模農業法人に成長している。浅井農園の強みは生産にとどまらず、自社で独自性の高い品種を研究開発し、顧客ニーズを商品に反映させること、高度栽培管理技術の統合により、オーダーメイド型トマトを生産できる点にあります。IoT、ロボット、AI等を組み合わせ、まさにスマート農業のパイオニアといえる。

    小林雅

    ICCパートナーズ株式会社

    代表取締役

    小林雅

    浅井農園を初めて知ったきっかけは先端的なIT農業に取り組む経営者から紹介されたのがきっかけだった。海外で行われているような先端的なITを活用したトマト栽培などの農業ビジネスとして日本ナンバーワンの事業家だ。 紹介いただいた浅井さんは実は私がベンチャーキャピタリスト時代に社外取締役を務めたリサイクルワン(現在のレノバ。東証一部上場企業)の創業期の社員として活躍していた。 スタートアップで経験を活かし、その後家業を継ぎ、ゼロベースで先端IT農業のビジネスを次々に立ち上げている。 スペインなどを訪問し、トマトの品種を探索し、海外で使用される先端ITの仕組みに貪欲に取り組む。デンソー社とのJVなどビジネスモデルの構築もユニークだ。素晴らしい起業家であり、そして働く社員・スタッフの働く環境を大事にしている心優しい経営者だ。

    no.02

    環境大善

    北海道

    「牛の尿」を消臭液にアップサイクル。独自のエコシステムで、畜産廃棄物を価値あるものへ

    北海道 環境大善
    北海道 環境大善
    北海道 環境大善
    北海道 環境大善

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    大上博行

    一般社団法人ベンチャー型事業承継

    事務局長

    大上博行

    窪之内社長はベンチャー型事業承継のロールモデルです。先代の生み出した牛の尿を微生物分解処理した消臭液「きえ〜る」。そのプロダクトの持つ価値を最大限に引き出すために、窪之内社長は会社の根本に向き合いました。大学との共同研究、フラットな組織開発、ビジョンを宿したブランディングによって、発酵経営を標榜する環境大善は、さまざまな用途の可能性を秘める液体を製造する北海道のバイオテック企業です。ローカル発でグローバルを目指すアトツギベンチャーの活躍を確信しています!

    井上浄

    株式会社リバネス

    代表取締役社長CKO

    井上浄

    地球に存在する美しいエコシステムを捉えた、これが実際に現場を見た時の印象です。そして牛の尿という原料からは想像できない、おそらく誰もが驚くプロダクト。その生産プロセスのメカニズム解明と効果のエビデンス取得の為、自社内に研究所を立ち上げ、研究員を雇用し、大学等の研究機関との共同研究も進めている点は本当にすばらしい。使われるほどに地球が美しくなっていくプロダクト、このサイクルを回すプラントを世界中に建てエコシステムを作っていける企業、このような企業の真摯な活動と研究が世界を変えるのだと思います。

    no.03

    オータマ

    東京都

    「磁気シールド」で世界を席巻。半導体や医療機器のものづくり現場を支える実力者

    東京都 オータマ
    東京都 オータマ
    東京都 オータマ
    東京都 オータマ

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    中西信隆

    野村證券株式会社

    法人開発部 部長

    中西信隆

    Awardへのご進出おめでとうございます!オータマさんは需要縮小(ex.カセットレコーダーの磁気テープ等)、競合が撤退する状況下で研究開発を継続し、門外不出の匠の熱処理加工・シミュレーション技術を確立された磁界コントロールのスペシャリスト集団です。産業機器の高度な電子化により磁界コントロールの重要性が高まる中で半導体、医療機器分野等のグローバル企業にとって必要不可欠な存在に上り詰めたすごい会社です。今後は世界的に急成長が見込まれるEV、宇宙、量子コンピューター分野でも活躍が期待される正にSMALL GIANTSです。オータマさんの技術が世界を豊かにすることを楽しみにしております。

    芳賀啓一

    首都圏産業活性協会(TAMA協会)

    事務局長

    芳賀啓一

    磁気を強く引き付ける性質を持つ「バーマロイ」と呼ばれる鉄合金の専業メーカーです。独自の熱処理技術を駆使し、産学連携により付加価値の高い分野に挑戦した結果、同業との差別化を図ることに成功し、今や医療・半導体・ナノテク分野には欠かせない部品を提供するグローバルニッチトップへと発展を遂げました。これにおごることなく性能高度化の実現で材料(天然資源)の利用量を減らすことにより、科学の進歩を飛躍的に加速させ、人類の平和に貢献することを社会的使命に掲げるオータマさんの成長を、TAMA協会はこれからも応援します。

    no.04

    竹中製作所

    大阪府

    過酷な状況でこそ実力発揮。社会インフラを支える「錆びないボルト」

    大阪府 竹中製作所
    大阪府 竹中製作所
    大阪府 竹中製作所
    大阪府 竹中製作所

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    松長由宇子

    独立行政法人中小企業基盤整備機構

    松長由宇子

    錆びないボルトで各国のインフラを支えるグローバル企業です。創業80年を超え、モノづくりの街・東大阪において、艦船用のボルトナット製造からスタートし、どんなに過酷な環境でも錆びないボルトナットを提供しています。1つの成功事例に留まらず、絶えず研究開発を繰り返し、顧客の声に応えてきました。こういった姿勢が評価され、海底トンネルや石油プラントで使う特殊品において、世界シェア50%以上を占めており、石油メジャーの米エクソンモービルからもその品質の高さを認められています。今夏、英国通信社The Worldfolio「Newsweek」にも掲載され、各国から注目を集めています。

    中川浩

    株式会社日立パワーソリューションズ

    調達本部 エネルギー調達部 部長

    中川浩

    モノ作りの街、東大阪からワールドワイドに高機能ボルトを供給し続け、世界にその名を馳せる竹中製作所。その技術探求力とパイオニア精神は特筆すべきものがある。京都大学教授と試行錯誤の末、生み出された錆びにくく剥がれづらいタケコートボルトなど数々の表面防錆処理ボルトを生み出し、今や発電所や石油プラントなど世界のインフラを支える無くてはならない存在である。グリーンエネルギーとして脚光を浴びる風力発電機の要となるタワー結合用ボルトにおいてもトップシェアを誇り、交換する必要が無い耐久性と防錆力は時代が求めるエコロジカル&サステナブルの先駆者でもある。

    no.05

    シーパーツ

    山口県

    「目利き」に頼っていた査定ノウハウを数値化。中古車を最大利益で世界へ販売

    山口県 シーパーツ
    山口県 シーパーツ
    山口県 シーパーツ
    山口県 シーパーツ

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    石津由梨

    山口県

    商工労働部経営金融課 主事

    石津由梨

    シーパーツさんは山口県岩国市に本社を置く中古車の買取・販売と自動車リユース部品販売・輸出を手掛ける会社です。買取した中古車をそのまま販売するか、バラバラにして部品として販売するか、どちらが高く売れるかを判断できる中古車オークションシステム「ギャプラス」を開発し、特許を取得するなど、業界に先駆けてIT技術を取り入れ、中古車の新たな販売スタイルを確立しています!常に新たな取組に挑戦するシーパーツさんを山口県は応援しています!

    坂田和彦

    公益財団法人やまぐち産業振興財団

    経営企画部長

    坂田和彦

    自動車の買取、リユース部品の国内外への販売を営むシーパーツさん。何と言っても強みは、単なる自動車のリサイクルではなく、開発体制を整備し、タイヤの脱着ロボットや評価システム等、独自技術によるサービスを次々と生み出している点。特に、ビジネスモデル特許を取得した中古車オークションシステム「GAPRAS(ギャプラス)」は、車まるごとか部品か、高く売れる方を判断できる画期的なもので、導入後半年で売上が25%アップ、今では海外35ヵ国に取引が広がっています。シーパーツさんの更なる飛躍を当財団も支援します。

    no.06

    キャニコム

    福岡県

    客の不満はヒントの宝庫。「ボヤキニズム経営」で、草刈り機を53ヵ国に輸出

    福岡県 キャニコム
    福岡県 キャニコム
    福岡県 キャニコム
    福岡県 キャニコム

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    奥田昇太

    福岡県

    商工部新事業支援課

    奥田昇太

    キャニコムさんは福岡県うきは市に拠点をもつ、世界53ヵ国と取引のあるグローバルな企業です。すごいところは、“ニッチ”で“リッチ”な成長戦略。例えば、主力商品の草刈機「まさお」は、ユーモア溢れるネーミングが目を引きますが、その性能は世界最速クラスのスピード・高馬力・頑丈さを兼ねそろえたリッチな草刈機です。お客様のニーズに向き合い、常に新商品開発に力を注ぎ、ニッチな市場で世界に目を向け、着実に成長を遂げています。これからも「うきはから世界へ」翔ばたくキャニコムさんを応援していきます!

    クリス・ギブソン

    PSD Groundscare

    マネージングディレクター

    クリス・ギブソン

    10月にイギリスでの代理店契約をキャニコムと結びました。セールスチームがキャニコム製品の良さをPRして、イギリス市場でのキャニコムの売り上げを伸ばしていきます。キャニコム製品は性能の高さはもちろんのこと、安全性がとても高い。イギリスでは安全性がとても重要なので、そこが気に入っています。日本の高い品質の製品をイギリスで販売できることをとても嬉しく思っています。

    no.07

    環境機器

    大阪府

    虫オタクやポスドクを積極採用。ナレッジを武器に顧客の課題を解決しまくる「防虫商社」

    大阪府 環境機器
    大阪府 環境機器
    大阪府 環境機器
    大阪府 環境機器

    この会社のここがすごい!
    詳しい人物からのメッセージ

    山野千枝

    一般社団法人ベンチャー型事業承継

    代表理事

    山野千枝

    会社に一歩入れば、虫、虫、虫!そして虫オタクの皆さんが嬉々として働いてます。片山さんは「僕は虫嫌いなんですけどね」と笑いながら、社員の皆さんの虫LOVEエピソードを誇らしげに紹介してくれました。ご自身は途上国支援をしたいと外交官を志すも家業を承継。社員を信じ任せるフラットな組織で次々に新規事業をローンチ。売上8倍、利益2桁増をしなやかに実現。廃棄ゴミから大量発生する小蠅に困っていた震災被災地にボランティア社員を送った経験をベースに、虫を介して拡がる感染症を解決すべくアフリカにも進出。途上国の支援という自分の夢を家業の舞台で実現するというまさにベンチャー型事業承継のロールモデル。

    木村共宏

    築地本願寺

    副宗務長

    木村共宏

    環境機器さんは大変にすごい会社だと思います。社長が菩薩です。菩薩なので私利私欲がありません。すべて利他の精神でものごとを進めていらっしゃいます。地獄にホトケと言いますが、俗世には片山社長がいらっしゃいます。そんな環境機器さんの社風は独特です。体育会系出身は皆無に近いでしょうが、出張先の観光は早朝の10kmランで済ませ、社員の大半が年2回フルマラソンを走ります。私も見習って精進したいと思います。合掌。

  • 16:55~プレゼンテーション終了、
    インターバル休憩

  • 17:05~セッション企画

    お客さまに寄り添い、最後までやり抜くドコモビジネスの価値とは

    powered by

    登壇者

    芦川 隆範

    芦川 隆範

    NTTコミュニケーションズ
    常務執行役員 ソリューション&マーケティング本部長

    谷本 有香

    谷本 有香

    Forbes JAPAN Web編集長

  • 17:20~

    ファイナリスト7社をもっと深掘りして、中小企業の勝ち筋を考えよう!

    プレゼンテーションの内容をさらに深堀り!若手後継者に新市場開拓などの支援を行っていて、
    中小企業や後継者への知見が深いベンチャー型事業承継の山野千枝さんと一緒に
    強い中小企業、スモール・ジャイアンツの共通点を考えます。

    登壇者

    山野 千枝

    山野 千枝

    一般社団法人 ベンチャー型事業承継 代表理事

    谷本 有香

    谷本 有香

    Forbes JAPAN Web編集長

    ファイナリスト 7人

  • 17:50~アワード発表

  • 18:10配信終了予定

11月17日(木) 15:00〜17:45頃オンラインイベント

  • 15:00配信スタート

    歴代受賞者や有識者などが集結!経営者が気になるテーマについて
    議論を深めて、中小企業の新しい可能性と新しい未来を導き出します。

  • 15:01セッション1

    人材、資金、ノウハウなし!
    新商品開発・新規事業を成功に導く秘訣とは?

    自社商品の開発や新規事業の立ち上げに挑む中小企業が増えています。しかし、中小企業にとって新規事業にリソースをさき、発売までこぎつけるのは簡単ではありません。また市場調査、デザイン、PRなども行う必要があります。どうすれば新商品・新規事業を成功に導けるのか?そのヒントを導き出します。

    登壇者

    中山 亮太郎

    中山 亮太郎

    マクアケ 代表取締役社長

    Makuake成功の事例やコツを伝授

    太田 泰造

    太田 泰造

    錦城護謨 代表取締役社長
    (2021年大会 受賞)

    ゴムでできたグラスを開発しMakuakeで大人気に

    山田 岳人

    山田 岳人

    大都 代表取締役
    (2018大会 受賞)

    事業承継後に事業を大転換し成功に導く

  • 15:50セッション1終了、
    インターバル休憩

  • 16:00特別セッション

    YUIME presentsアグリアントレプレナーの創造supported by 農業の魅力発信コンソーシアム

    農業界に於ける農業従事者の減少が急速に進行していることは言わずと知れた事実です。しかし、農外から参入し、そのピンチをチャンスに変えて成長を続ける農業家たちがいます。農業で起業するという新しいビジネスチャンスと、彼らに見えている未来とは?

    登壇者

    三浦 綾佳

    三浦 綾佳

    ドロップ 代表取締役

    美容トマトでワンストップ型の経営スタイル

    中森 剛志

    中森 剛志

    中森農産 代表取締役

    最速で大規模農場を構築 食料安保に挑む

    上野 耕平

    上野 耕平

    YUIME 代表取締役社長

    繁忙期の人手不足を支える人材支援のパイオニア

    林 友美

    林 友美

    YUIME Japan
    MC

  • 16:15特別セッション終了、
    インターバル休憩

  • 16:30セッション2

    採用難!
    強い組織を作るために経営者はどう行動すべきか?

    「採用応募がこない」そういった声を取材通して多く耳にしています。強い組織を作るために、経営者はどう思考し、どう行動すべきなのでしょうか?また採用応募が来る会社にはどんな秘密があるのでしょうか?採用や人材育成のヒントを導き出します。

    登壇者

    村岡 健太

    村岡 健太

    ウォンテッドリー
    Public Affairs 地方創生責任者

    広島在住 年間400名の経営者に人材採用のアドバイスをしたことも

    松橋 卓司

    松橋 卓司

    メトロール 代表取締役社長
    (2021年大会 受賞)

    管理ベースはダメ
    社員に「ありのままの姿」になってもらいイノベーション創造へ

    萩野 源次郎

    萩野 源次郎

    大和合金 代表取締役社長
    (2021-2022年大会 受賞)

    社外に会社のファンを作り優秀な若手が次々と入社 真のダイバーシティ実現へ

    山田 岳人

    山田 岳人

    大都 代表取締役
    (2018大会 受賞)

    退職者続出に組織の崩壊…変革とリモートワーク普及で攻めの組織へ

  • 17:45配信終了予定

JUDGES

  • 入山 章栄

    入山 章栄

    早稲田大学 ビジネススクール 教授

  • 井川 沙紀

    井川 沙紀

    Blue Bottle Coffee Inc.
    Strategic Brand Advisor
    インフロレッセンス 代表

  • 山井 太

    山井 太

    スノーピーク 代表取締役
    会長執行役員兼社長執行役員

  • 山田 岳人

    山田 岳人

    大都 代表取締役

  • 内田 研一

    内田 研一

    やまなし産業支援 中小企業経営革新サポート事業 統括マネージャー
    SMALL GIANTS AWARD Executive Producer

  • 藤吉 雅春

    藤吉 雅春

    Forbes JAPAN 編集長

PROCESS

  • STEP01

    ADVISORY BORAD

    全国の中小企業にネットワークを持つアドバイザリーボードが出場候補を推薦。
    選りすぐりの企業約110社が集まる。

    (推薦の対象企業:創業10年以上 売上100億円未満 従業員500人以下)

    • NCネットワーク

      NCネットワーク

    • 九州・山口ベンチャーマーケット実行委員会

      九州・山口ベンチャー
      マーケット実行委員会

    • 首都圏産業活性化協会

      首都圏産業活性化協会
      (TAMA協会)

    • 商工組合中央金庫

      商工組合中央金庫

    • 仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会

      仙台スタートアップ・
      エコシステム推進協議会

    • 大正大学

      大正大学

    • 中小企業基盤整備機構

      中小企業基盤整備機構

    • デロイト トーマツ グループ

      デロイト トーマツ
      グループ

    • 野村證券

      野村證券

    • ベンチャー型事業承継

      ベンチャー型事業承継

    • マクアケ

      マクアケ

  • STEP02

    書類審査

    約110社からアワードに出場する7社を選出

  • STEP03

    SMALL GIANTS AWARD 2022 - 2023

    11月18日(金)開催

  • STEP04

    SMALL GIANTS 特集号を発売

    受賞企業が雑誌に登場
    2023月2日25日(土)予定

ABOUT

Forbes JAPANが
スモール・ジャイアンツ アワードを
開催する「切実な理由」

編集長 藤吉
メッセージ

Web編集長 谷本
メッセージ

編集長 藤吉

例えば、顔なじみのご近所さんが実は世界で尊敬されている「すごい人」だったら、鼻が高くなりませんか。日本国内には、サービスや技術で実は世界に貢献している無名の中小企業が多く存在します。しかし、「無名」「中小企業」という理由で、その企業の本当の「すごさ」が見逃されています。その価値を日本人自身が見いだせないため、経済がうまく循環していかない。日本の問題点はここにあると私は思っています。

それはメディアの責任でもあると感じます。伝えるべきものを伝えることで、サービスを受ける人も取引する人も全体が進化していけたら。そんな思いから「革新的なチャレンジで地域と世界に貢献している小さな企業を発掘しよう」と、このプロジェクトを始めました。価値ある企業に光を当てないことは、社会の損失。ぜひ、皆さんもこのアワードから価値あるものを探してみて下さい。

Web編集長 谷本

日本の大企業やスタートアップの「顔」は見えるのに、中小企業のそれが見えにくいのはなぜなのだろう。日本企業の99.7%を占める中小企業。つまりは日本経済の主役です。そんな彼らにズームを合わせて見てみると、そこには世界一の技術や、世界トップシェアの製品が並んでいます。

しかも、かつて30年と言われた企業の寿命は、イノベーションやテクノロジーの力で淘汰再編を余儀なくされ、さらにその寿命は短くなっていると聞きます。そんななか、代を重ね、時代や環境変化の猛風の中で、自らの強みを磨き、変わるべきところは変化を重ね、生き延びてきたのが彼ら、スモール・ジャイアンツたちです。

パンデミックが起き、世界中の企業や経営者はこれまでの羅針盤を欠き、向かうべき方向や手段を見つけられず、もがいています。そんな彼らがヒントにしたい宝の山である中小企業に注目しない手はないのではないでしょうか。

ARTICLE

AWARD ARCHIVES

MAGAZINE

スモール・ジャイアンツの
最新記事はこちら

SMALL GIANTS

地域に根差す「小さな巨人」と
ニッポンに希望を灯そう